FC2ブログ

英語以上のものを学ぶ英語・英会話教室 Sunflower Kids 松戸・柏・三郷

2日目はすべてのホストファミリーを招待して夜ご飯をふるまうために、買い出しに行くのと食事を作るのがメインです
朝はゆっくりとスタートし、シリアルと巨大ベーコンを食べてから
みんなで日記を書きました
学んだことや自分でできたこと、楽しかっとことや難しかったこと、オーストラリアと日本の違い、そして翌日の目標を記入できるようになっています
オーストラリアに着いた瞬間から、子どもたちがいろんなことに気づき、成長しているので記録を残し子どもたちの自信につなげるとともにしっかりと覚えていてほしいと思います

DSC_0007.jpg

そしてH家族へのおみやげ公開
Qくんに何がいい?って聞いてもハイチュウと連呼するので
健康的なハイチュウを入れときました
あとは買い出したら止まらないIちゃんのためのプレゼント
今回いっぱい私たちも甘やかされるので私たちも甘やかしました

DSC_0017_20190813062004001.jpg

すべてが一段落したところで、まずは近くのコストコへ
初日なのでお土産はまだ買わないと決めていたのに、誘惑に負けました
だって、だって前回来た時に買った本(現地の小学生が読むようなシリーズもの)のセットを見つけてきてHちゃんとRちゃんが可愛く
「これ買って、PLEEEEASE!」って言うんだもん
本も誘惑だけどこの二人のほうが誘惑大きい…
しっかり読むんだよ~
そしてフォニックスベースの簡単な本のシリーズも発見
テヘ、買っちゃいました
コストコと言えば試食
親なしだともらえないので、みんな「ヤエコママ~」くらいの勢いで呼ぶ
いつもは雪合戦とか水鉄砲の標的とかそんな存在なのに…
まぁ、いいさいいさ
みんなが楽しければそれでいいさ

お会計が終わったところでお昼ご飯をどうするか
このままコストコで食べたら安いんだけど長蛇の列
結局、子どもたちの希望で近くのマクドナルドへ行くことにしました
その方が自分たちでオーダーできるからいいかな
と、思ったのにマクドナルド、券売機のようなものでオーダーしてレジでお金を払うという仕組みになっていました
レジでもオーダーできるということなので子どもたちに、お金を渡し自分たちで買ってくるように伝え、私はスタコラサッサその場を離れました
と言いつつ隠し撮りはする
数人ずつで行っていたのもあって、みんなで協力し合いつつ
お昼ごはんをぶじにゲット

IMG_7077.jpg

食べて少しマクドナルドのプレイコーナーで遊んで
買い出しの目的地、香港マーケットへ(まだ目的地に行ってなかったの
日本の食材を含めアジアの食材を手に入れるためにはここが一番
輸入というだけあって割高ですがいろいろそろってます
そして日本食材なのに英語表記もあって子どもたちも違和感を感じていました

DSC_0026.jpg

今日作るメニューはお好み焼き、焼きそば、親子丼、そしてデザートにみたらし団子
さぁ、帰ったら急いで作らなきゃ!

DSC_0039_201908130620073d1.jpg

食材を切って、白玉粉をこねて、野菜をいためて、お好み焼きの生地を作って着々と準備を進め、時間はあっという間に5:30
それぞれのホストファミリーが到着してきました
緊張した表情、やっと会えたと嬉しそうな表情、どっちの表情もそれぞれの子から見受けることができました
今回受け入れをしてくださるのはパパがメルボルン動物園の飼育員さんをしているというP家族、男の子2人、女の子2人の6人家族です
HくんとNちゃんがお世話になります
中国からの女の子(高校生?大学生?)もホームステイ中というのでにぎやかそうです

DSC_0060.jpg

Rちゃんを受け入れてくださるのはやっぱり男の子2人、女の子2人がいる6人家族のY家族
中国系の家族です
RちゃんはホストシスターのSちゃんと同じ学校、同じクラスに参加するのでずっと一緒
お部屋もRちゃんの希望で一緒にしてもらいました

DSC_0058_20190813062113ad6.jpg

3年前にもお世話になったB家族は今回もHちゃんの受け入れをしてくださいます
男の子3人、女の子2人の7人家族、そして珍しくおじいちゃんおばあちゃんも同居しています
Hちゃんは再会できるのをすごく楽しみにしていて、ホストシスターのRちゃんにべったり
そして身長が伸びまくったSくんにキャーってなってました

DSC_0056.jpg

Little HちゃんとEちゃんはこのままH家族にお世話になります

DSC_0063.jpg

食事はおいしいと好評でした
とくにみたらし団子は子どもに人気
みんなおなかいっぱい食べてくれたのを見てほっとしました

DSC_0044.jpg

子どもたちはまだ自分たちから輪の中に入るのが難しくて、なんとなく距離を感じました
言葉は通じなくても、輪に入ることはできるので帰るころには一緒にどんどん遊べるようになったらいいな
これから2週間たくさんたくさん思い出を作れますように
スポンサーサイト