FC2ブログ

英語以上のものを学ぶ英語・英会話教室 Sunflower Kids 松戸・柏・三郷

6月にあった英検の結果が先日発表されました
今回、教室から2人の3年生が5級に挑戦
2人とも英語をはじめて1年9カ月くらい
始めたころはついてこれなくて、涙を見せることもあったけど
英語レベルは順調に伸びていました
他にも中2の子が学校で4級に挑戦

結果

全員合格

おめでと---!!!
本人たちも家族も不安でドキドキみたいでしたが
わたしは特に心配していませんでした(笑)

index_201906210834247a1.jpg


来年から小学校の英語が教科として本格化されるので
英検を考えているという親御さんが増えています

サマースクールでも英検対策は可能なのでご希望の方はお知らせくださいね
サマースクールは7/1(月)~8/30(金)です
詳しくはホームページでご確認ください
サンフラワーキッズ
スポンサーサイト
先月行われたイベント
アラウンド・ザ・ワールド ~アフリカ・北米・中南米~
個人的にほぼわたしの趣味の領域
ほんとはドカーンと何か大きなことをしたいところだけど、
予算と会場の都合上、それぞれの国のつまみ食いのようなイベントになりました
ただ、ゴールデンウィーク10連休のおかげで小物は気合の入った自信作

今回はアフリカからガーナ、ケニア、タンザニア
北米からカナダ、アメリカ
中南米からメキシコ、トリニダード・トバゴ、ペルー
以上の8カ国をのぞいてみました

どの国の活動も、
「あ~これってこの国から来たんだ~
「へぇ~、この国ってこんなこともあるんだ~
というような内容を揃えました
例えば、わたしたち保護者世代は一度は聞いたことがある曲、チェ・チェ・コリって実は○○の国の曲なんです
しかもその歌詞の意味は…
小学校の時にはやったリンボー
これってどこの国からかわかりますか?
アメリカには昔たくさんの奴隷がアフリカから連れてこられた歴史があって、今も根強く人種差別があったりもするけれど、こんなお祝いもあるんです
などなど楽しいだけではなく、小学生には考えてほしい問題なども取り入れてみました
(答えは後ほど)

パスポート片手に飛び出そう

まずはパスポートと航空券と旅行かばんをゲット
ちゃんと日付入り(こだわり
出入国スタンプももちろん日付入りで準備しました
子どもたちは全く気付いてないけど(笑)

アフリカ・北米・中南米の全体的な特徴等の説明をスライドでチェック
そのあとはもう自由に行ってらっしゃーい

チェ・チェ・コリ

2日目は先にみんなでチェ・チェ・コリ踊りました
このダンス、アフリカ、ガーナの子どもたちが大好きなダンスなんです
そして日本で言う「おちゃらか、おちゃらか、おちゃらかほい」くらい
歌詞には何の意味もありません
ガーナといえばチョコレートで有名
そんな子どもたちも大好きなチョコレートができるまでとそれに関する、子どもの労働の問題についてもスライドで触れてみました
これから、チョコレートを食べるときに少し違った味になるかな??

リンボー

リンボーダンス、これはトリニダード・トバゴが有名
ギネス記録はなんと12~13cmとか…むり

死者の日

メキシコの有名なお祭りがこれ、死者の日
日本のお盆と同じく死者の魂をお迎えする日だけど、さすが中南米、カラフル
そしてにぎやか
グアテマラのお墓もそうだけどとにかくカラフルが大好き中南米
わたしのお墓もカラフルなのがいいな~
泣いてお別れより笑ってお別れしてほしい

クワンザ

アメリカにはクワンザというお祝いがあります
クリスマス明けの12/26~1/1まで
貧しいことが多いアフリカ系の人たちがクリスマス後のセールでクワンザのための買い物がしやすいようにだとか…
お祝いの目的は「アメリカに暮らすアフリカ系アメリカ人が、遠い祖国アフリカの文化や伝統を祝うと共に、自らの誇りや、アメリカでの未来を切り拓くための礎を確認する」というとっても誇らしいもの
そんな人たちのために最近のクリスマスシーズンには"Merry Christmahanakwanzika"という言葉も使われています
これはクリスマスをお祝いしないユダヤ人のハヌカも一緒になった言葉
今回はクワンザの象徴である黒・緑・赤を使った織物のマットを作りシンボルのキャンドル等のシールを貼りました

マサイ族ジャンプ

ケニア、タンザニアに住むマサイ族のジャンプ
中には60cm以上跳ぶ人もいるらしい
足を曲げず、反動をつけずジャンプ!
マサイ族の身体能力は半端ないことがわかりました(笑)

エチオピア民族衣装

そして民族衣装も用意
これは…1日目にはなかった衣装、正確には布
2日目当日、中南米フェスタ(アフリカ系も一部参加)というのが代々木公園であったので
思わずイベント当日に行っちゃいました
そして仕入れてきた布
エチオピア直送です
民族衣装は大人サイズもあったので、ママたちも試着していました
それぞれの国の状況にあった衣服も興味深いものです

まだまだ伝えたい世界はあるけれども、今回のイベントで子どもたちが楽しむだけでなく
何かを感じてくれていたら幸いです
来月はアジアに注目
みなさんの参加お待ちしています