FC2ブログ

英語以上のものを学ぶ英語・英会話教室 Sunflower Kids 松戸・柏・三郷

今年、港区の大使館訪問のイベントに参加した際に
子どもたちにも味わってもらいたい!と思い
機会を探していました
そして今年、オーストラリアに行く予定でしたが、
最低遂行人数に満たなかったため来年に延期
ということで8月のイベントとして計画を進めたのが今回のイベント

まずは松戸市がオリンピックのときにホストタウンとして登録された
中米にあるドミニカ共和国とヨーロッパのルーマニアのそれぞれの大使館に依頼
快く了承していただけました
が、夏休みで人出が少なくなるとの理由でルーマニア大使館は9月(24日、祝日)に持ち越しです
ということで、他の大使館にも協力を仰ぎ、2ヶ月連続のイベントにすることにしました
祝日不可、セキュリティー上の問題で不可、幼稚園生不可、
人数的に不可、メール返信が来ない…
とことごとく断られ、どうしようかと思いましたが
何とか両日3大使館ずつ訪問の許可をいただきました

そして、迎えた当日…というか前日
台風
お盆の時期、参加予定者の都合も…、
もしかしたら天気が変わるかも…
でも、当日になってドタキャンなんてできないし…
悩みまくった末、ダメもとで日程変更の依頼
大使館の方は都合がつきました
そして少し人数は減ったものの、無事行くことができました

今回はドミニカ共和国大使館、ウクライナ大使館、アフガニスタン・イスラム共和国大使館にお邪魔しました
スライドを見たり、歴史を学んだり、民族音楽を体験したり、民族衣装を着せてもらったり…
小さな子どもたちも初めて聞くような国にも関わらず、
事前学習をして、質問を考えてきてくれたおかげで新しい発見がたくさんできたようです

ドミニカ共和国記念撮影

ウクライナ

アフガニスタン民族衣装

ドミニカ共和国に松戸の梨が友好のしるしで植えられていることをご存知ですか?

ウクライナって以外にも日本との共通点が多いってご存知ですか?

今は渡航禁止のアフガニスタンですが、とても魅力的な民族衣装があることをご存知ですか?

世界は違えども、みんなが友だちになりたいと思っていること、
それがこの大使館訪問で気づいてもらいたい一番大切なこと
子どもたちがもっともっと世界を大好きになれますように

この日のために、国の料理をふるまってくださったドミニカ共和国大使館
帰り日本をプレゼントしてくださったウクライナ大使館
普段は子ども中心の受け入れはしないけれども、
自分も松戸在住だから特別!という理由で受け入れてくださったアフガニスタン・イスラム共和国大使館

子どもたちに貴重な機会を与えてくださって本当にありがとうございました

スポンサーサイト
朝は6時起き
眠い子もみんな6時起き
身支度をして、部屋の掃除もそこそこして、朝の集いへ
ラジオ体操、代表挨拶も子どもたちが行いました
これまでゲストハウスを利用してきていたので、
集団行動を学べるこういう施設のありがたみを感じました
宿泊者に元気な声であいさつをする
来た時よりもきれいにして帰る
リーダーシップを学ぶ

いい経験をさせていただきました

ごはんも食べて今日の活動への準備万端
富士山へLet's go!
今回は最寄りの御殿場口ではなく、一番登山者が来る吉田口にあえて行くことにしました
バスに乗り継ぎ行くという方法もあったのですが、時間と子どもたちの体力を考えて
タクシーで行くことに
子どもたちも朝早かったので、タクシーで寝れてちょっとすっきり

荷物を預け、トイレもすませ

さぁ、富士山、登るぞ!!

チビちゃん、どこまで歩いてくれるかな?
初めて登山する子も多く、時間的にも目標は六合目
曇ったり、霧が濃くなったり、すっきり晴れたり山の天気の変わりようは
子どもたちの心を見透かしているようでした

疲れた~、わぁいい眺め~、がんばろ!

すれちがう人たちにあいさつをして、励ましをもらい、
予定通り約1時間で六合目に到着できました

富士山登山

お弁当タイム

富士山六合目

帰りはチビちゃんちょっとぐずり、抱っこしながら下山する肝っ玉母さんは
注目されまくっていましたが、半分以上は歩いてくれました
そして秘密兵器のなわとびも登場
疲れた子を引っ張っていくにはちょうどいい(笑)

五合目に戻ってからはインタビュー
登山前の方、下山してこられて疲れている方、いろいろですがたくさんの方がインタビューに答えてくださいました
イタリア、メキシコ、ドイツ、中国、カタール…英語が母国語でない国の人もたくさん
英語の大切さを子どもたちも感じられたかなと思います
なかなか、相手をつかまえられない子、お店からの出待ちを狙う子、ガンガン攻めていく子
子どもたちってほんとうにおもしろい

インタビュー①

インタビュー②

インタビュー③
今回は富士山ということでお土産の折り紙にも富士山を入れてみました

バスに乗る直前までインタビューを楽しんだ子どもたち
すてきな機会を与えてくださった出会えた一人一人に感謝感謝です
私のお気に入りシーン(おまけ)

富士山でインタビュー

ハグハグ

今年もみんなケガもなく元気に帰ってこられました
子どもたちを送り出してくださったご家族、宿泊先の方、AAR Japanさん、出会った一人一人
そして一緒に引率として来てくれたKくんありがとう
そして2日間がんばった子どもたち、本当にお疲れ様でした

富士山

少し前に行われたキャンプのレポートです
相変わらず、アップするのが遅くて申し訳ないです

7/23~7/24の二日間で御殿場・富士に行ってきました
今年はいつもより少人数
みんな仲良しで、お互いに助け合ってくれていたので
末っ子のチビが一緒でしたが、意外と楽させてもらえました
3時間ほど電車に揺られ、バスに乗り、御殿場にある国立中央青少年交流の家へ

国立中央青少年交流の家

ついて早速お昼を食べ、その後一つ目の活動に
今回AAR Japanさんから講師を迎え

「アフガニスタンの地雷問題」

について学びました
国際理解への取り組みとしては子どもたちに少しまだ難しいかな?
と思っていましたがとてもわかりやすく説明してくださり、怖いという思いだけでなく
自分たちの恵まれている環境や、アフガニスタンのお友だちの環境を比較することができて
印象深い内容になったようです
実際に地雷(プラスチック製のもの)にも触れ、地雷の本来の目的も学ぶことができ
幸も不幸も使い方次第なんだなと改めて感じました

ワークショップ②

ワークショップ①
みんな一生懸命にメモをとっていてかっこよかった~

その後、明日のインタビューの練習して、
今日アフガニスタンについて学んだことと日記を書きました
インタビューの練習では大きな声で、相手をしっかりと見て、笑顔で伝えることを目標に取り組みました
相手を呼びとめるところから、写真を撮り、プレゼントを渡すところまでしっかりできるようになったかな?

質問を考えよう
大きい子どもたちは質問カードなしでオリジナルの質問を考えました

日記

夕方はちょっとゆっくり
施設の夕べの集いに参加し、夕食をとり、その後、遊具でたっぷり遊び、走りまわり
暗くなってからみんなで花火

夕べの集い
夕べの集いでの代表挨拶
こんなことができるのも施設のおかげ

仲良し
みんな仲良し

花火
たっぷり花火を満喫できました

夜は明日に備えてしっかり寝るぞ
お休みなさい~

おやすみ~

…って寝るわけがないか