FC2ブログ

英語以上のものを学ぶ英語・英会話教室 Sunflower Kids 松戸・柏・三郷

昨日2週間のホームステイを終えたインドネシア留学生がおうちを出ました
ちょうどToddlerのクラス中だったのでみんなで駅までお見送り
お見送りに付き合ってくれただけでなく、
お部屋からの荷物だしも手伝ってくれたTくん
ありがとう
いつもレッスンの時間は学校に行っていた彼女
Tくんと会うのも初めて
彼女のWhat's your name?に対しても
臆することなくしっかり名前を言えたTくん
恥ずかしがってたくさんお話はできなかったものの、
駅でお別れのときにギューーー
そしてびっくりしたのは帰りに「シャーラいっちゃったね」ってコメント
ちゃんと名前聞き取って理解してたんだ

See you

そんなシャーラとの2週間
インドネシアがぐっと近く感じられるようになりました
そして日本もいっぱい味わっていただきました
彼女のお気に入りはイチゴ大福、タコライス(豚の代わりにチキン)、焼き肉、シリアルイチゴ味…
その中でもたこ焼きが大好きでした
そして、もちろんこれにも挑戦してもらいました
納豆!
完食はできませんでしたが意外と食べれてました
これはほんと好き嫌いあるのでその反応を見るのは楽しいです←意地悪

日本食

他にも日本の物に興味津々
というか、インドネシアには日本製のものがたくさんあるので
それを安く買えるとだけあって毎日盛り上がってました
例えば、スキンケア1/10くらいの値段で買える!
そして、弟の大好きなドラえもんグッズ
それに文房具、100均グッズ
Made in インドネシアのユニクロの服なんかも日本で買う方が安い
ママへのおすすめは食料品(めんつゆ、ゴマドレ、塩コショウ、ふりかけetc)
そう!日本にはお土産になるものがたくさんあります
今までの留学生を見てても結構みんながハマる物は似ているので
海外に行くときなどにもお土産にするにはきっと喜ばれるはず
国によっては持ち込みに規制があるので注意が必要ですが…

インドネシアでは他人が家に寝泊まりすることに抵抗があるらしく、
ホームステイという概念がまだあまりないそうですが、
そんな中、我が家に来てくれたシャーラありがとう
また来てね
スポンサーサイト



前回の液体実験のあともいろいろな実験を進めています
たくさんの不思議に子どもたちも大興奮

お酢やレモンに含まれている酸を使った実験
わたしも小学校の頃よくしたあぶり出し
(火を使うのでするときは必ず大人の人としましょう)

あぶりだし

そして同じくお酢を使った実験
温めた牛乳と混ぜてチーズを作ろう
結果が早く見たくて押す多め(笑)
おかげでとっても不思議な味になっちゃいました
でも、こんなに簡単にできちゃって子どもたちもびっくり

チーズ

磁石の実験では公園にいって砂鉄集め
なつかしい(笑)
どこが一番よく採れるかも確認しました
砂場回り!
ものすごーくいっぱい採れる
その砂鉄を使って遊び、その動きにキャッキャ声を上げる低学年
かわいすぎる
その後、砂鉄を混ぜて作ったスライム
磁力で伸びて動くスライムがくねくねで大うけでした

砂鉄

そして今週は光の実験
まずは色の3原色と光の3原色の違いについて学習
みんな光の3原色を混ぜると白になるということに
一番予想外過ぎて納得いかない様子
その後に光の3原色を使ったライトを使って確認しつつ遊びました
影にこんな色がつくことにも子どもたちは
かわいい
そのあとは水を使って屈折と反射について学んだり、虹について学んだり…

光

不思議不思議で子どもたちの反応が素直でかわいくて、新鮮でした
理科が苦手なわたしもM先生もいっぱい焦る場面はありましたが、子どもたちが楽しんでくれてよかった~
もっとわたしも理科の勉強しなきゃな~
ケヤバ&カイン

これ、なんだかわかりますか?
答えは後程

約4か月半ぶりに留学生がホームステイに来ました
今回は2週間チョイという短い期間だけど、
久しぶりのホームステイなのでわたしも、子どももちょっとソワソワ
そして今回の受け入れは初めてのことが多いのでたくさん新しいことを学べるかと楽しみにしています
インドネシアからの20歳の女の子
イスラム教の子ですが、イスラム教徒の特徴であるヒジャブはつけていません
豚肉、アルコールは禁止
でもハラルフードにする必要はないとのことなので気楽です

以前にユダヤ教のアメリカの女の子を受け入れしたことはありますが
イスラム教の方は初めて
我が家はクリスチャンなのでイスラム教の習慣がわからないですが
受け入れに対しては抵抗はありませんでした
むしろ、子どもたちにもいい機会
なんせ我が家の長女、学校のお友だちにイスラム教=イスラム国と変な偏見を植え付けられてきたもので
宗教の違いはあれど、とってもいい子でよくお料理も手伝ってくれます
そして、初日から子どもたちベッタリ
偏見は完全にぬぐい去られたかと思われます(笑)

今回、彼女が来る前に、安いリサイクル品でいいから民族衣装買ってきて
と頼んでおきました
そしたらお願いしていた男の子用、女の子用だけでなく、わたし用にも一着

ありがとぉぉぉぉぉぉ!!!

ってことで、試着

インドネシア民族衣装

シャツをケバヤ、スカートをカインと呼ぶそうです
冒頭のクイズの答えです
刺繍がとても素敵で色もかわいい
ありがとう
民族衣装最高

そして月曜日は逆に彼女が学校で着物を着る体験をするのだとか…
よい思い出になるといいな~

留学生の受け入れを始めて約6年だけど
いろんな国をのぞけるのでいつも新鮮です
例えば今日学んだこと
インドネシアの高校(彼女の妹の学校)は朝の6:30スタート3:00に終わり、宿題や補習的なクラスものもあるらしい
か…過酷

オリンピックに向けて、これからどんどん訪日観光客が増え、
ホームステイを希望する方も増えると思うので是非一度受け入れてみてください
思っている以上に、楽しいですよ
先月の算数に引き続き、今月もわたしの苦手分野
理科
でも、でも!不思議をたくさん一緒に見つけて楽しむぞ
第1週は液体実験
いろいろな液体と水との比重をチェックするところからスタート
その結果をもとに、色を付けた水を入れるとどうなるかを調べます
今回用意した液体は8種類
はちみつ・牛乳・食器用洗剤・塩水・ガムシロップ・エタノール・サラダ油と水
すべて100ccにしてそれぞれ重さをチェック
ネタばらしになっちゃうのでこのへんはナイショ
気になる方は是非実際に調べてみてくださいね
ここに色つきの水10ccを加えます
すると、ジャジャーーーン
こんな感じに
水より重い液体は下の方に残り、軽い液体は上に浮かぶという原理
どれかどの液体化は写真上はぼかしておきました
見えてるけど

理科実験

この後は半分お楽しみの時間
この実験結果をもとに、
Rainbow Jarなるなるに挑戦
つまり容器の中で何色もの層を作り上げようというもの
液体の重さがポイントです

理科実験2

色がちょっと見にくいですが4層できています
このあともう一層作れました

そしてもう一つおまけの遊び
Lava Lamp
方法はいたって簡単
さっき作ったサラダ油+色水にシュワシュワ~の物体(炭酸水素ナトリウムsodium hydrogen carbonate)を入れるだけ
てっとり早く身近にある物を使ってみました
それはバブ
そうそう、お風呂に入れるバブです
バブを砕いていくつか入れるとシュワシュワ~とともに…
 
理科実験3

これ見てて飽きない(笑)
シュワシュワ成分が色水を押し上げる油の方が軽いのでまた下に落ちてくる
ということが繰り返されている状態です

こんな理科の実験を今月はやっていきます
夏休みの研究先取りの気持ちで楽しみたいですね
今月のイベントはバレンタイン
今年はガトーショコラ、ミルクレープ、トリュフ、グラノーラのクランチチョコ
チョコレートが苦手な子どもたちのためにホワイトチョコも使ったレシピです
今回はネイティブが少なかったので、旦那もフル活用
実は旦那の方が焼き菓子が得意
特に今回のガトーショコラは旦那の十八番
そして彼の英語をサポートしてくれた彼もお料理が得意という
たすかるわ~
できあがりが楽しみ
ミルクレープは上からホワイトチョコのコーティングつき
上にかざりでつけた赤いアザランがよく映えました
トリュフはクリームチーズ入り
それにホワイトチョコ、ミルクチョコのコーティング
そしてあまったチョコはグラノーラと混ぜてクランチチョコに変身
みんなで食べる用、お土産用
たっぷりできあがりました

valentine.png

ゲームは人間すごろく
サイコロの代わりにキューピッドの矢を飛ばして当てた数を進みます
進むマスにはバレンタイントリビアとクイズ
他にもすごろくらしく、2マス進む、一回休みなども
そして子どもたちが自分たちで英語を読んで理解したマスも
”Get a candy!”
子どもたち、食べもの用語には強いらしい
ちなみにこのCandy、英語ではチョコ、キャラメル、ドロップなども全部含みます
子どもたちはこのCandyという言葉に反応し、狙う数もこれに合わせられていました

valentinegame.png

30分くらいゲームをしたのち、みんなでお土産用のチョコを詰め合わせ
残りはチョコレートパーティー
お迎えに来られたママたちも一緒に
あま~い、たのし~い時間を過ごしてイベントは終了

最後にちょっと日本のバレンタインについて
日本のバレンタインといえば
*女の子から男の子にプレゼント
*チョコレートがメイン
*ホワイトデー
*義理チョコ、友チョコ
…というイメージ
でも実はこれって世界でみても結構ユニーク
ヨーロッパでは男の子、女の子お互いにプレゼント、北米では男の子からプレゼント
そしてチョコよりも赤いバラやラブレター、プレゼントの方がチョコレートよりもポピュラー
わたしがカナダでホームステイしていたときもホストファミリーの娘さんが彼氏からラブレターと真っ赤なバラの花束をもらっていました
まだ高校生なのに、ロマンチック
キャ―――って見てて悶えた記憶が(笑)
そしてもっとユニークなこと
ホワイトデーがあるのは日本、韓国、中国、台湾などほんの一部の国だけの習慣
ちなみに発祥は日本
義理チョコ、友チョコは、完全に日本オリジナルですね
日本では当たり前の風習だけど実は!そんなバレンタイン
一番の目的は大好きな人にその気持ちを伝えるということ
みなさんも素敵なバレンタインを迎えてくださいね

Happy Valentine's Day!