FC2ブログ

英語以上のものを学ぶ英語・英会話教室 Sunflower Kids 松戸・柏・三郷

今月小学生クラスは算数について学んでいます
目標は4つ
①3~4桁の数字
②数の大小(比較級)
③たし算引き算(文章題)
④図形(平面・立体)

というところがメインです

小学校でもやっている内容なので英語でしても想像はつきやすいので、
子どもたちも慣れた感じで取り組んでいます
そんなクラスの様子をちょこっとご紹介

①今までは100まで言えたらよかったのですが、ちょっとレベルアップ
1000までの数を読んでみようということで数字を見て読む練習
そのあと言った数字の書き取りをしました
-ty/-teenでやはり苦労する子もいますが、大体みんなクリアー
Kidsはここまで
いや、高学年のJuniorもここまでと思っていたのですが、思ったよりあっさりできちゃったので

4,649,236,146,546

なんて桁の大きなものまで手を出しちゃいました
もちろんいきなりは厳しいので…いきなりじゃなくても厳しい??
コツを伝授
実は、わたし日本の数字より英語の数字の方が読みやすい
なぜかというとこのカンマ(,)
さっきの数字を日本語で言うと4兆6492億3614万6546
カンマをつけて見ると4兆,649,2億36,14万6,546
カンマの位置がバラバラで読みづらい!
でも英語だととっても簡単
4 trillion 6 hundred 49 billion 2 hundred 36 million 1 hundred 46 thousand 5 hundred (and) 46
これにカンマをつけて見ると
4 trillion, 6 hundred 49 billion, 2 hundred 36 million, 1 hundred 46 thousand, 5 hundred (and) 46
4,649,236,146,546
とカンマの位置がぴったんこ
そしてカンマの中だけでみるとわかるように3桁の数が言えれれば、そんなに難しくはない
高学年だけあって子どもたちもコツを簡単につかんだらしく、
書き取りも95%くらいの確率で正解
ただ、桁が大きくなればなるほど不思議な笑いが起こる
これ、どのクラスでも起こるのでおもしろい現象(笑)

④図形の紹介と辺の数・頂点の数・面の数などを確認
2D(平面) だけでなく3D(立体)の図形についても学びました
立体のオブジェクトを作り、いろんな角度から見て形を見つけ、身近にある立体探し
その後ちょっとした遊びをしてみました

3Dシルエットパズル

2方向から映し出された影に合うようにブロックを並べるというもの
遊びながら思考力・空間認識力・立体把握能力を養うことができるという優れものでわたしのお気に入りの遊びです
1~6までのレベルに分かれているので年齢に合わせて遊べるのも大きな魅力の一つです

コロンブスの積み木

高学年でも苦戦していました
そしてハマっていました

ご興味のある方は、ぜひこちらから
シャオール コロンブスのつみき

算数苦手意識の方が強いわたしですが、子どもたちと学ぶのは楽しい
来週もレッスンが楽しみです


スポンサーサイト



今年の最初のイベントはもう恒例中の恒例
初詣&インタビュー
今年はいつもと違う場所に行きたいな~と思いつつ結局浅草
観光客も多いし、みんなフレンドリーだし、行きやすいし…
これを超える場所ってそんなに簡単に見つからないのでは??
でも、今年いつもと違うのは予報が雨マーク
朝方止んだら、あとは晴れるという予報
今年も雨女全開です
スミマセン…
朝8時の時点で決行・中止を決めることに
そして雨がもう霧雨状態だったので
決行することに
いや、強行と言った方が正しい?
みんな楽しみにしていたし、晴れるのがわかっているんだから大丈夫!

集合時間、朝より降ってきた…
電車で移動中、雨粒が見える…
お弁当、雨宿りしながら食べる…
インタビューの練習中、…
参拝中、雨止んだ??
インタビュー開始、また降ってきた…

一生懸命、これは雨じゃないと言い聞かせていたんだけど
みんなの視線が痛い
みんなの心の声が突き刺さる
「や~え~こ~」ってのが伝わってくる
大丈夫、きっとすぐやんじゃうから
もうわたしも「あはは~」としか言えない

でもね、でもね開始して10分後
待ってました!
あおぞら~~~~ラララ~
もうわたしもうれしくて変なテンション
ここからみんなもエンジン全開

今回はいつもより少人数グループにしました
去年3~4人で回ったのですが、しゃべらない子がたくさんいたので、
他力本願という言葉を消滅させるためにスパルタモードです
2~3人で全部で6チーム
英語歴/年齢順で6人がリーダーです
チームは本人の弱いところを強化できる状況における
または、ペアの子をフォローできる
ということを考えて作りました
そしてスパルタモードはこれだけでは終わらない
今年は基本大人は手を出しません
近くから見守るだけのカメラマンとでも思ってください
声をかけるところから、写真を撮るところまで子どもにお任せ
大人がいると邪魔でしょ
せっかくインタビューしてるのに、ついつい大人に向かって答えちゃうからね~
質問カードと世界地図、そしてお土産の折り紙のくす玉
そして、カメラも子どもたちに持たせて
1時間40分のインタビュー、はい、スタート

2017浅草2

今年はくす玉100コ+ちいさいのが25コ
去年の2.5倍
作るのを手伝ってくれたM先生
我が家の旦那さん
学校の友だちと冬休み前に進んで作ってくれてきてくれた長女&お友だち
ありがとう

ところどころ勇気づけや、アドバイス、読み方の練習などのために手伝いは必要だったものの、
だいたいはわたしのもくろみ通り
ふふふふふ・・・
楽しみながらも、みんなもまれています

インタビューに答えてくださった一人一人に大大大大感謝&感激です
わざわざ目線を合わせるためにしゃがんでくださる方
読むのを手伝ってくださる方
身振り手振りを交えて、子どもたちが理解しやすいように考えてくださる方
英語圏出身ではないので英語が苦手と言いつつも一生懸命対応してくださる方
何個ものグループのインタビューを受けてくださる方
写真を撮るときにセルフィーにしてくださる方
本当にありがとうございました

そして今年はなんとわたしもインタビューの「イ」くらいのものを受けました
毎年、この活動に興味を持たれる英語の先生や、学校の先生に出会い、声をかけられることはあるのですが
今年声をかけてくださっったのは中央大学の英字新聞部の部長さん(?)
プライベートで来られていたのですが、大変興味を持ってくださいました
記事にしたい的なことを言われてびっくり
連絡先の交換だけしたので今後のことは全くわかりませんが、
ずうずうしいわたしは、「うまく大学の留学生たちと交流できる場を作りたい」と
企み始めました
まぁ、本当にどうなるかはわからないですけどね
でも、いろんな人が評価をしてくださっているのはうれしいかぎりです

そして、くす玉は1時間でなくなり、残りの時間はお土産なしのインタビュー
終わってからは「楽しかった~
「〇〇の国の人たちに会ったよ
「〇〇しに来たんだって~
「長い答えはわからなかった~
「〇〇人にもインタビューしたよ~
と、たくさん子どもたちの興奮した声も聞くことができてうれしく思いました
やっぱり大人の出る幕はないですね

2017浅草1

来年はくす玉もっと用意してこようね
そして、今年リーダーになっていない子どもたちのリーダーになれるといいね
今年リーダーだった子どもたちは質問の答えに対して、コメントを返すことができるようになれるといいね
英語を楽しみながら、新たな目標もできた活動になりました
その目標に向かってみんながんばれ
わたしも雨女卒業するから!!(不安…
ウィンタースクールシリーズ第2弾
今回のテーマは食べ物
姉妹で参加してくれているので本は2冊
お姉ちゃんにはPig Out!
妹にはToday is Monday

pig out
today is monday

2冊ともお勧めの本です
Pig Out!はイラストの単語を覚えることによって、まだリーディングができない子どもたちもリーディングにしっかりと参加ができるというもの
また、単数形、複数形の練習もできる優れ物
ストーリーのテンポもよくて楽しい内容です

Today is Mondayはエリック・カールが描いたものでよく知られています
中の英語もシンプルで繰り返しが多く、歌もついているのでたっぷりと楽しめます
そして、曜日や食べ物の単語も覚えられます

このクラスでは本に出てくる以外のものも含め、食べものを学んだあと
What would you like? -Can I have ..., please?
のフレーズを練習し、レストランごっこをしました
別の日には、クッキングのためのメニュー、レシピを考え買い出しに行き、
最終日にはみんなで計画したクレープパーティー
Pig Out!ではピザパーティーですが、わたしたちはクレープパーティー

生地を作り、フルーツを切って、クリームを泡立てて…
子どもたちがたっぷり準備してくれました
クリームいっぱい入れすぎで、途中クレープがメインなのか、クリームがメインなのか…
クレープパーティーなのか、クリームパーティーなのか…
まぁ、楽しければ何でもいいか
All you hungry children come and eat it up♪

クレープ

今月、Toddler/Kinderクラスでは日本のお正月について学びます
お正月は海外の人に紹介する機会がちょくちょくあるので、
少しでも英語で言えるようになることをお勧めします
と言っても、Toddlerには難しいので、お正月遊びをしながら少しでも言葉を覚えられたら十分
あまり高度なことは期待していません

特に3歳児のToddlerにとって実は1月は大変な月になるのが目に見えているので…
なぜなら母子分離がスタートするからです
幼稚園に入学する4月から母子分離にすると、精神的に不安定なので
大荒れ間違いなし
なので、その前に母子分離にしちゃいます

案の定、初日の昨日はかなり泣かれました(笑)
別れ際に
「ちょっと買い物に行ってくるから待っててね」
「はーい、あとで帰ってくる?」
「うん」
1分後
「ぎゃ―――――――――――――!!!!!!ママ――――――――!!!!」
…ですよね
それでも、レッスンは容赦なく進みます
"What's your name?"
「ママ―――――――!!!My name is 〇〇. ママ―――――――!!!」
"How old are you?"
「ギャー――――――――!3!ギャ――――――――――!」
ちゃんと反応しているあたりが偉い
かわいいじゃないかぁぁぁ

そして3分おきに必ず
「ママ帰ってくる?」
"Yes, she will be back."
この会話の繰り返し

そんな状態なので今日は本当に目標は一つだけ
凧を作ってとばしに行こう
泣きまくってはいましたが、ちゃんと凧を作る作業も進めるTくん
作り終わってから、自転車で河川敷に出発
いい感じに風も吹いているから楽しみ

河川敷について一言
強風…
半端なく風が強い…
そしてTくんがぬかるみにはまって足が動かなくて助けを求めている…(笑)
その顔もまたかわいい

何はともあれ、凧を揚げるぞ――――!
Hold it tight!
Ready set go!
ぶわっ!一瞬で揚がりました
糸短くしておいて正解だった~
3メートルくらいだけど十分だわ

そして振り返るとTくん凧持ってない
遠くの方に転がりながら吹き飛ばされていってる
それを全速で追いかけるYaeko
そして再挑戦
Hold it tight!
Nooooooooooo!
ダッシュ
Don't let it go!
Nooooooooooo!
ダッシュ
…ひたすら続く
よく見るとTくんは凧を揚げるよりも違う遊びを見つけたらしい
わざと手を放している…
むしろ凧を投げてる…
強風だからよく飛んでいましたよ~
いっぱい走らされましたよ~
確かに目標通り凧をとばせました
意味が大いに違うけど
Tくんがニコニコになったから良しとしよう
ゼーハーゼーハー
全然いいですよ~
全然…

まぁ、そんなこんなで母子分離クラス初レッスンは終了
ママが迎えに来たときのTくんの反応はまたかわいくてズキュ――――ンってやられました
「ママがいい!ママも一緒にやろうよ!!はやく!」
(レッスンは終わりましたよ~、来週もがんばってね~)

そして、Tくんのために今日特別に参加していた二女の今日の日記
「たこをふりまわしにいきました。…あんなにたかくまでたこがとんでいてびっくりしました。」
いろいろ突っ込みたい(笑)
あ~チビちゃんズ最高
来週のお正月遊び(アレンジ)にも期待してます

たこあげ
ウィンタースクールシリーズ第1弾
太陽系について学んでいます
今回使っている本はNational GeographicのPlanets
このシリーズはわかりやすくて興味をそそられるのでお気に入りです

planet.png

クラスでは一つ一つの惑星の特徴を学んだり、太陽系の表を作ったりしています
そんな太陽系を学ぶのにピッタリなのがこの曲
YouTubeで見つけました
ながーーーーーーーいバージョンと短くまとめられているバージョンとありました
長いのは40分近くあってその惑星が何で作られているのかなど事細かに歌われています
でも、子どもたちにはこっちの短いバージョンで充分

Solar System Song

短いバージョンでも一つ一つ詳しく歌い上げてくれています

「太陽系」と言うテーマはちょっと難しく聞こえるかもしれませんが、
子どもたちは楽しんでくれています
先日、夕方にたまたま空を見上げたらお月様のとなりに一番星みーつけた

venus.png

これ実はVenus(金星)でした
夕方数時間だけ見れるということで子どもと一緒にVenusだね~と眺めていました
ついでに今月の夜空を調べてみると火星、木星も見れるとか
子どもは木星のGreat red spot (目玉みたいな部分)を見たいらしい
あと火星のOlympus mons (太陽系最大の山)
さすがに肉眼では厳しいかと…

でも何かを学ぶことによって、新しいものに興味を持ってくれるというのはうれしいものです
教えがいがある(笑)
実は、わたしも天体に改めて心ひかれています
天体観察に行きたい…

そして、子どもたちが楽しめるもう一つの理由は、日本語でもよくわからないから
そのために英語で聞いて、英語で覚えて、英語で考えて、英語で言葉にするしかない
つまり下手に日本語が入ってこない分、インプットからアウトプットまでのプロセスがスムーズになる
難しそうに聞こえても、子どもたちは適応力が高いので、楽しめるんです
そして、英語がわかる!と感じ自信につながっていくので楽しいんです
わからなくても、日本語で説明しないことの大切さがよくわかる事例です

さ、今夜も空を見上げに行こうかなぁ~
どんな星がみえるかな

少し遅くなりましたが

 Happy New Year!!

ブログに年賀状を添付しようと思っていたのに、容量が重すぎて試行錯誤した挙句、元のデータも機能しなくなっちゃいました
年明け早々、がっかりです
結構気に入っていたのになぁ~

さてさて、Sunflower Kidsは今日、仕事始めです
そして朝から4レッスン、英検対策をしました
今回1月の英検を受ける子が5名
5級が3人と準2級が2人
とりあえず経験のために受けてみる子もいれば、確実に合格を狙っている子も
あと数週間、ラストスパートです
特に2017年度から新たに3級、準2級でもマークシート以外のライティングも入ってくるので、必死です
小学生たちが、涙あり、喜びありで奮闘している姿を見るのは好きなので、個人的には英検対策好きです
でも、受けるからには、最低限のことはやって来てほしいので、宿題忘れなどにはいつも以上に厳しいくなっちゃいます

そんな失敗も、厳しいこともたくさんあるSunflower Kidsですが今年も1年よろしくお願いします
とりあえず年賀状がアップできなくて悔しいので、家族バージョンで

new year card2017