FC2ブログ

英語以上のものを学ぶ英語・英会話教室 Sunflower Kids 松戸・柏・三郷

Happy Thanksgiving!

11月第4木曜日、アメリカでは感謝祭をお祝いします
日本ではなじみのない祝日
それもそのはず、アメリカとカナダだけの祝日
ちなみにカナダは、10月の第2月曜日
感謝祭についてはこちらをチェック
アメリカ人が大好きな「感謝祭」って何?

感謝祭


わたしがカナダにいたとき、おじいちゃん、おばあちゃん、ひいおばあちゃんも含め家族みーんなが集まりました
七面鳥、マッシュポテト、グレービーソース、スタッフィン、パンプキンパイ…
ごちそうがずらーーーり
そして、それをひたすら食べる
そして、フットボールを観る
そして、また食べる…
そしてみんなで感謝を伝え合う日
とっても心が温かくなる日です

そんな素敵な感謝祭
わたしがいまだに謎でよく、アメリカの友だちに聞くのは、
なんでフットボール??
誰もよく知らないようです(笑)

みなさんもぜひ、今日家族や友人に感謝の気持ちを伝えてみてくださいね
スポンサーサイト
ついに発表会まで一週間を切っちゃいました
つまり毎日が発表会前の最後の練習
そんな中、先週から感染症でドクターストップがかかっている子も…
早く元気になぁれ
そして、他の子も病気、けがに気をつけて!と毎日ドキドキしています

月曜クラスの小学生たちは
昨年、1年生の夏休みの読書課題になっていた「クレヨンからのおねがい」を発表します
M先生が子のためにクレヨン12本分の衣装を作ってくれました
おかげで帽子を作るプロになっていました(笑)
M先生、ほんと、お疲れ様です
M先生のおかげで今年の衣装づくりがどれだけ楽になったか…
才能って素晴らしいですね

DSC_0021.jpg

子どもたちも担当の色の絵をそれぞれ描いてくれました
子どもらしさが出ているだけでなく、ほんと、じょうず
自分の好きな色を喜びつつ、クレヨンの気持ちを考えることができるかわいいストーリーです

発表会は
11月26日(土)13:30~16:00
馬橋東市民センター ホール

で行います
ぜひ見に来てくださいね
チビちゃんズと一緒に公園に行きました
小さな公園だけど、好奇心を掻き立ててくれる遊具もあって、テーブルもあって、どんぐりの木も、桜の木もあって、かくれんぼもできるし、電車も見れるということでちびっこには大人気の公園
ちびっこだけでなくお花見やピクニックのためにもよく利用します

昨日はいっぱい体を動かして、どんぐりを見つけて、葉っぱで遊んで、かくれんぼして
帰り道は眠い&はらぺこが続出でした(笑)

わたしがチビちゃんだったとき、いつも落ち葉をかぶって遊んでいたので、
この時期になると懐かしくなって、ウズウズしちゃいます
大人という手前、はしゃぎすぎかな?と思い、
一応見守る方に徹しようとがんばっています
大人って、損ですね
まぁ、結局毎年、落ち葉遊びしちゃうんですけどね(笑)


おちば

はぁ~、楽しかった
でも、自分が埋もれるくらい葉っぱがほしい…
と内心思ってたりします(欲ばり)
我が家のチビちゃん
もうすぐ1歳半
恐ろしく早い

そんなチビちゃん、昼寝をしていないときは教室でうろうろしてます
そんなある日、彼女に変化が

今回の発表会でToddlerがする「できるかな?あたまからつまさき」を練習していたとき
突然"I can do it!"と言いだしたのです
たまたまではなくちゃんというタイミングもわかっているようで、そのときそのときにきちんと言っていました
…もしもし?あなた日本語でそんな長いの言わないよね??
そう、うちのチビちゃん、言葉がのんびりで1語文もまだほとんど言わない
なので、とってもびっくり
ママ知らなかったよ…
そしてダンスも一生懸命まねっこ
そんなこんなでお昼寝していなければ、一緒に出しちゃおうということになりました

この"I can do it!"というセリフ
実はToddlerで流行っていて、練習中じゃなくても「できる?」と聞くと、この言葉が返ってきます
そして"I can do it じゃない!"という否定形も(笑)
何気にちゃんと使い分けているのでびっくり
Toddlerの成長はわかりやすいので楽しいです
繰り返し繰り返し、ほんと遊び感覚で身につけているチビちゃんたち
すごい

話を少し戻して我が家のチビちゃん、この発表会練習中に、隠れ監督のようになっています(笑)
言葉は言えないけど動きは覚えているようで、ちょこちょこ練習中に登場してきます
ちょっと迷惑、そしてちょっとホッコリ癒しを与えてくれます
本人はすべての劇に出る気でいるのかもしれませんが、全部には出さないよ

DSC_0145.jpg

発表会ではそんなチビちゃんズにも会えるので楽しみにしていてくださいね
Sunflower Kidsオープン当初からずっと通っているMちゃん
わたしの一番最初の生徒です
そんなMちゃんももう5年生
あんな小っちゃかったのにもう身長も抜かされそうです

Mちゃんはわたしにとってちょっと特別な生徒
最初の生徒だからという理由ではなく、英語の習得の仕方が他の子とは違うというのが理由です
わたしが教えようとしても彼女が覚えるということはほぼないです
でも気づいたら勝手に覚えちゃっているというタイプ
むかしから驚かされることは数多く…

数年前はクリスマスレターを書くときに
日本語でまず書いていいよと言ったにもかかわらず
英語で文(複数)書いてました

またあるときはその年の発表会のセリフを全部覚えるのに苦労していたにもかかわらず、
1年後全部をスラスラと暗唱していました(わたしは完全に忘れていました

本もいつの間にか勝手に読めるようになっていたり、
文法は間違えているとしても英語で自己表現をしっかりしていたり、
未だにMちゃんは未知数の成長を見せてくれます

そんなMちゃんが英語に対してさらに熱心になったきっかけは去年の発表会
彼女の成長に合わせて例年より少しセリフを増やしたのですが、全くと言ってもいいほど
練習してこない、覚えてこない
毎週わたしが喝を入れても効き目がないので、最終的に我が家の長女Hちゃんを投入
セリフを覚えるのが得意なHちゃん
「真剣にやらないなら…努力しないならMちゃんを役から外して、全部Hちゃんにやってもらう」
と半分脅しの喝を入れました
劇に出るのを楽しみにしていたMちゃん
これが相当こたえたらしく、そこから必死
でもこの半分脅しのような喝
わたしも中途半端にしたくないのでHちゃんにもセリフを全部覚えてもらい
Mちゃんのがんばりが明らかに少ないときは練習のときから即Hちゃんと交代
最終的には全部覚えるのが時間的に難しかったので、Hちゃんとセリフを半分こ
無事発表会を乗り切りました

そのときの影響か、何か自分の中で変わったようで
それ以来自分で率先してリーディングを家でするようになりました
そんな彼女、今年は本当に成長したので劇では主役を務めます
そして、リーディングも行います
覚える量も、努力する量も去年と比べても相当な割合で増えています
それでも、しっかりと準備ができているMちゃん
今年も大きな驚きを与えてくれました

Mちゃんのがんばりはこちらの劇で見られます

DSC_0123.jpg

「たいせつなきみ」とっても心にしみるお話です
練習を見ていてもウルってきちゃいます

そしてもう一つは

DSC_0138.jpg

「グリーン・エッグス・アンド・ハム」
レッスンで実際にグリーンエッグスも作って試食したほど練習しました(笑)

お楽しみに
発表会に向けてみんな一生懸命練習に取り組んでいます
でも、中には涙をいっぱい流す子どもたちも(複数形です

そんな子どもたちも涙を流す理由はさまざま
おうちで1週間練習も何もせずにうまくできなくて泣いちゃう子(喝が入ります
一生懸命練習してきたけどうまくできない子(見守ります
全部覚えているのに自信が持てない子(励まします
感情移入しすぎてウルウルしている子(心の中で微笑みます

一生懸命練習してできたときの達成感を感じると涙を見せていた子どもたちも
少しずつ変わっていきます
今年はそんな典型的な子どもがいました
5月に入学したRちゃん
練習もいっぱいして、全部覚えて、あとは動きと合わせるだけ
そんな時にスランプ?自信が持てなくなってちょっと(一瞬?)大変な時期がありました
大泣きでママから離れることができなくてすごく荒れた日がありました
その日は振替の日だったので、ゆっくり、じっくり話しました
教室内ではどんなことがあっても英語オンリーで通しているので、
部屋から出て玄関先で20分くらい話したかな
悩みの大部分は「クラスで自分一人だけが英語が理解できくて、おいて行かれている気がする
というものでした

わたしからのアドバイスは、「比べるだけムダ」
突き放している感があるかもだけど、ムダでしょ(笑)
英語に対する経験も、得意分野も、センスもみ~んな違うんだからムダ
「比べたいんだったら過去の自分と比べるべき」
だと思っています
実際、Rちゃん、この半年間でどれだけのことができるようになったでしょう?
この半年でどれだけ成長したのでしょう?
自他ともに認められるだけの成長をしています
自信を持って、胸を張って言えるだけの成長をしています

その日は最後まで自信を持って堂々と練習して、泣いて、立ち直って、泣いての繰り返しでした
でも翌週からは笑顔でやって来て、意欲的に練習にも取り組むことができています
たくましくなったね~~~
そして先日Rちゃんの口から一言
「発表会、楽しみ~
(笑)
この成長ぶり、大物になりそうです(笑)

そんなRちゃんの出る劇はこちら

DSC_0094.jpg

オーストラリアの小学校で先生からプレゼントしていただいたお話
ポッサム・マジック
お楽しみに

発表会は
11月26日(土)13:30-16:00
馬橋東市民センター
で行います

ぜひRちゃんの成長ぶりも含め見に来てくださいね

発表会前でレッスンのほとんどが練習に費やされています
特に月曜のKinderクラスは劇がふたつ
なので練習練習練習そして練習…ひたすら練習しています

名称未設定-1

一つはこの本から
右上にある"Books That Drive Kids CRAZY!"のまんまの本です(笑)
子どもたちのお気に入りの一冊です
わたしもこういう意味もなく英語を楽しめる本が好きです

そしてアルファベットの大切さを学べる本です
これ以上はナイショ
当日見に来てくださいね

そしてもう一つは子どもたちの希望でプーさん
そして私の希望でThanksgiving
これが組みあわさったストーリー(笑)

名称未設定-1

ダンスも歌も入っていてプーさんだから楽しく覚えられるかな?と思ったけど
こちらは結構みんな苦戦
意外でした
そして衣装も苦戦しました
もう、ほんと、ティガー
って感じでした(笑)
あのしましま…

そんな子どもたちのがんばりをぜひ見に来てくださいね
11月26日(土)13:30-16:00
馬橋東市民センターです

P.S.この前のネズミさん、答えは「レミーのおいしいレストラン」でした

今年の発表会まで残り2週間!
ドキドキワクワク、期待いっぱい、不安ちょっぴりといった感じです
今年の発表会テーマは「感謝」
普段感謝していることから、大好きなことまで劇、歌、ダンス、リーディングを通して発表していきます

子どもたちにとっても、
練習に付き合うママ、パパたちにとっても、
シナリオ作成から始まり、衣装、スライド、音響準備に追われる私たち講師にとっても、
いろんな意味で
「今年もやってきたぁ!」
という発表会(笑)

今年は

11月26日(土)13:30~16:00

馬橋東市民センター・ホール


で行います
例年とセンターが違うのでお間違いのないように気をつけてくださいね

remy
Q.何の劇でしょう?※こう見えてもネズミです