FC2ブログ

英語以上のものを学ぶ英語・英会話教室 Sunflower Kids 松戸・柏・三郷

5月と言えばこどもの日、こいのぼり
でもそれと同じくらい大切な日
それは母の日
いつもご飯を作ってくれるママ
お洗濯をしてくれるママ
お掃除をしてくれるママ
たくさん愛を注いでくれるママ
雷を落とされることもあるけどいつも大好きなママ
そんなママのためにありがとうの気持ちをたくさんこめて今年もランチを用意しました
ママたちに大人気のイベントです
今年のメニューはラザニア、ガーリックトースト、ゼリー、カップケーキ、メキシカンサラダ、生春巻きの6品
がんばって作りました
この「がんばって」本当に文字通りの「がんばって」です
できあがりを見て苦笑してしまうところも多々ありですが
子どもたちの愛情だけは本物
レタスが巨大でも、生春巻きがとっても太くても、スポンジがぺっちゃんこでも
「愛」です
小っちゃい子どもも大きい子どももみんな「愛」という隠し味を使いました

そして今年のプレゼントは写真フォルダー
凝りすぎると時間の関係で仕上げられなくなっちゃうのでシンプルにしました
野原からママとの写真が出ているイメージです
製作時間も10分かからないくらいだけどかわいいのができあがりました

12:00
いよいよ食事タイム
ママたちもランチを食べに集まってきてくれました
楽しみにしているママもちょっと照れくさそうな子どももニコニコ
よろこんでくれるかな?
「おいしい」って言ってくれるかな?
プレゼンと気に入ってくれるかな?
いろんな気持ちを抱えている子どもたち
そんな子どもたちにママからの「ありがとう」「おいしいよ」
子どもたちの表情がさらに照れくさそう
そして子どもたちはママへの愛を再認識
ママたちも子どもたちの愛を感じ
また1年子どもたちの良いママになれるようにがんばれそうです
名称未設定-1

スポンサーサイト



前日とは大違いのとってもいいお天気
インタビュー日和
奈良について駅からバスに乗っていると
いたいた
奈良と言えば、シカ
あっちにもこっちにも、シカシカシカ
子どもたちもテンションあがってきました
目的地の東大寺近くでバスを降りて歩いていても旅行客と同じくらい歩いてるシカ
何はともあれ、まずは世界遺産に登録されている東大寺見学
はぁ~
何回見ても大きいな大仏
座高だけで15メートルくらいあるんだって
私(150センチ)の10倍(笑)
子どもたちも口がポカーン

見学が終わってからお昼ごはん
みんなが作ってくれたおにぎり
そしてしばらくするとお弁当を狙ってやってきたシカ
そしてパクリ
ギャー、ラップに包まれたおにぎりが食べられた!
食べられたことよりラップ取らなきゃ
あわてる私
そして冷静にラップに気付いてペッと口から吐出すシカ
かしこい…
またお弁当を取られないように警戒しながらもシカと仲良くなる子どもたち
ミッキーと命名されました

お昼ご飯のあと、みんなが、いや、私が楽しみにしていた鹿せんべいタイム
最初はみんなおっかなびっくりのへっぴりごし
でも慣れてきたらみんな楽しそうにあげることができました

そしてここからインタビュー
平安神宮よりもたくさんの観光客
期待できそうです
様々な国からの観光客
英語が通じる人、通じない人いろいろです
子どもたちも必死
中には英語じゃなくても英語に聞こえてたかも??
そんなのは関係ない
もうみんなキラキラ
友だちになりたいという気持ちがバンバン伝えていました
プレゼント用のくす玉が全部なくなったところでインタビューも終了

現地引率の子ともここでお別れ
奈良を後に家族のもとに帰ります
…と、その前にちょこっと時間に余裕があるので大阪に寄り道
目的?
大阪と言えば、たこ焼き
子どもたちのがんばりへのご褒美&小腹がすいてきたためという口実
大阪出身の私も大阪のたこ焼きは久しぶり
楽しみ~道頓堀の有名店くくる本店にたこ焼きを求めて
…迷子
えっと…
何とかつきました
たこ焼きおいし~~~
時間の関係上、観光は一切なし
大阪への寄り道これでおしまい
新幹線に飛び乗って今度こそ帰ります

疲れてみんな爆睡するから私もお昼寝~
と思っていたけど、だれひとり寝ない
みんな元気だね(笑)
そして5分おくれだけど無事みんな家族のもとに帰ってこれました
2日間あっと言う間
思い出たっぷり、国際交流たっぷり、笑いたっぷり、感謝たっぷりの京都&奈良キャンプは終了しました
とってもいい経験になったのでできる限り毎年企画していきたいです
そしていろんなところに行ってみたいな
腰を万全にして(笑)
名称未設定-1
平安神宮を少し早めに切り上げて宿泊先のゲストハウスに到着
今回ここを選んだ理由
1.子どもたちが海外の人たちと交流しやすい環境にあるため
2.自炊ができるので自主性を育みやすいため
3.協力し合うことを学ぶため
4.料金が安いため
そしてここのゲストハウス実はホステルワールド(世界的に有名なオンラインホステル予約サイト)の2016年ホステルアワードで
"MOST POPULAR HOSTEL in KYOTO" (京都で最も人気のあるホステル)を2015年に続き2年連続で受賞というとっても素敵なゲストハウス
まぁ、実際に利用するのは私も初めてだったのですが…
かわいい、ステキ、そしてみんな本当に親切
さすがです
K's House 京都

荷物を置いて、ベッドメイキングをしてからまずは夕飯、朝食、昼食のための買い出し
メニューは夜タコス、朝トーストとたまご、お昼おにぎりとチキンとミニトマト
荷物も子どもたちが率先して運んでくれたので大助かり
夕飯準備組とシャワー組に分かれてスタート
シャワーが終わった子どもたちも順番に合流し、あっという間にタコスは完成
おいしそ~~~~
おなかペコペコの子どもたち
勢いがすごかった(笑)
ゲストハウス

片付け、シャワーが終わったらみんなでプレゼントを追加すべく、くすだま作り
そしてデザートのPino
本当は大きなアイスを買うつもりだったけどなかったので、みんなで分けっこできるPinoを用意
でもこれは大正解でした
平安神宮のときはみんなどんどん話しかけることができたのだけど、ゲストハウスではちょっと消極的になっていた子どもたち
「アイス食べたい人」と聞いたときにノリのよい旅行客がちゃっかり手をあげていたのをきっかけに
リビングにいた旅行客の人ともアイスを分けっこできました
子どもたちに話しかけてくる旅行客もいましたが、子どもたちが自分から話しかけたのはこれが初めて
Pinoのおかげでちょっと勇気が持てたかな

子どもたちは9時ころ就寝予定
みんなGood night~と言ってベッドに行ったので一安心と思いきや
寝てない(笑)
当たり前か…
もう修学旅行状態
先生の苦労を垣間見ました
子どもたちが寝たので一人パーティータイム中の末っ子ベビーを連れて私はリビングに…
私がアメリカ、イギリスを一人旅していたときもよくユースホステルを利用して海外の人たちと交流していました
なので久しぶりのこういう場所に実は私も大興奮
夜、リビングでいろんな人とお話することを楽しみにしていました
いや~楽しい!
30分後…
まさかの子どもたち…
寝てませんでした
ということで私の楽しみも終了
明日のためにもしっかり寝ましょう

朝予定より早く起きだした子どもたち
本当修学旅行状態(笑)
ちょっとスケジュールを前倒しにして行動開始です
朝ごはんのトーストとスクランブルエッグを作り、少し多めに買っていたのでリビングにいた
インドの旅行客の人たちにもわけっこ
一緒に食べることができました
朝のちょっとした交流になりました
DSC_0215.jpg

お弁当用のおにぎり、チキンも準備して
お片付けも終わったので奈良に向けて出発
さぁ、今日も頑張ろう

おまけ:今回ゲストハウスで目にした衝撃
1.焼きそばをフォークとナイフで食べるフランスのおばあちゃん
焼きそばがオシャレに見えました
2.ジャムを指でぬるインドのおじさん
国が変われば「食べる」方法も変わることを再認識しました

先月末、GW初めに5周年記念イベント京都・奈良キャンプに出かけました
ワクワクドキドキがいっぱいになるハズ!と私も4月初めから楽しみにしていたのに
キャンプの4日前に腰が動かなくなっちゃいました(涙)
それだけではなく、現地引率の子が2日前に高熱を出しダウン、急きょ別の子を手配することに
そんなこんなで子どもたちにもたくさん助けられ目標だった「一人はみんなのために、みんなは一人のために」はほぼ「みんなはYaekoのために」になっていたような

GW初日というにもかかわらず交通費節約のため子ども8人、赤ちゃん1人、保護者1人とともに新幹線の自由席をGetすべく意気揚々列に並びました
そして無事みんな席に座ることができ一安心
新幹線の中では2日間のパートナーを発表、そしてペアになって現地でインタビューする内容を考えました
名前、出身地の他にその人に関する質問2つ、日本に関する質問2つを用意しました
その後、ペアでインタビューの練習
私は毎度おなじみのプレゼントに使うくすだま作りに励んでいました
今回参加する子どもたちに事前に折り紙を渡し、パーツを作ってきてもらっていたのでその組み立て
目標120個まであともうちょっと
みんなの協力のおかげです
天気予報では今日明日は快晴
楽しいインタビューになるぞ!とみんなも楽しみにしているのがよく伝わってきました

京都で現地引率の子と合流
ハーフの20歳の明るく元気な女の子です
そしてバスに乗って岡崎公園・平安神宮へ
まずはお弁当~
…えっと
あ~雨女、やっちゃいました
雨降ってきた
でもまだ大丈夫、気のせい、気のせい
早く食べて早くインタビューしたーいっ
お弁当も終わり
移動中、まだGOサイン出していないのにもうインタビューを始めているRちゃんとNちゃん
ということで、観光そっちのけでインタビューを優先することにしました
が!思ったより人がいない&中国人だらけ(笑)
それでもお互い片言の英語で交流していました
他にも、プレゼントのお返しにマレーシアのお札(7円程度)をプレゼントしてくれたお兄さん
5組いるうちの3組のインタビューに答えてくださった老夫婦
表参道で英会は教室をしている先生
いろんな人たちと交流できました
それでも人数的にちょっと物足りない感じの子どもたち
新たな海外のお友だち探しがしたい様子
そしてこの雨
気のせいじゃなくなってきちゃったよ
ってことで予定より少し早めに切り上げ、ゲストハウスへ
そこでの交流に期待することにしました

今回引率が2人ということもあり基本的には私はノータッチ
子どもたちがぐずぐずしているとインタビューしたくてもスルーされちゃいます
そして声をかけても続けなければすぐにそっぽ向かれちゃいます
プレゼントを渡すにはお友だちになるためのインタビューが必要
それだけのために子どもたちは一生懸命に何かを伝えようと頑張っていました
もちろん実際にスルーされたペアもいっぱい
それでも私たち、引率に「手伝って」と言ってきたペアはいませんでした
頼もしいかぎり
そして子どもたちのとっている方法がかわいい

“Hello, interview OK?”

根性つきました(笑)
名称未設定-1