FC2ブログ

英語以上のものを学ぶ英語・英会話教室 Sunflower Kids 松戸・柏・三郷

新年度がスタートしてもうすぐ3週間
新しくなったクラスも今のところ、問題なく進んでいます
今年度は「感謝する」をテーマにすすめていきます
そして5周年ということもあり私も感謝感謝の気持ちでいっぱいです
より良いレッスン・活動・イベントを用意してすこしでもその感謝を還元していきたいと思います

そんな中、先週末にイースターパーティーを行いました
今年のイースターは3月27日で3週間前に終わっていたのですが、気にしなーい

いつものように自己紹介、単語の確認からスタート
そしてイースターと言えば、コレ
イースターエッグ
今年もカラフルなたまごがたくさんできあがりました
シマシマ、水玉、お花、星…
こちらから働きかけずも、子どもたちが2月に学んだ模様に関する単語、今月学んでいる色の単語などを
積極的に発していました
そして予定では、一人2個だったのですが、落とす子どもも、食べだす子どももいなかったため余りがたっぷり
なので一人3個作ることができました
色がついたたまごを見た子どもたちの表情が印象的
嬉し、ワクワク、不思議な表情でした
DSC_0135.jpg

そのあと、未就学児と小学生に別れてゲームタイム
未就学児はじゃんけんで勝った、あいこ、負けたで進むすごろくゲーム
そしてその単語を大きい声で言う
いたってシンプルなゲーム
もう1つは聞いた単語の絵の上に立つゲーム
なぜかこれが思ったよりも大うけ
きゃっきゃ、きゃっきゃ言ってました

小学生は早口言葉
みんなのお気に入りは“Busy Bunnies Bring Blue Baskets”
短くて意味も分かりやすいのかな?
やってみても言えない、舌がもつれる…
このもどかしさが子どもたちに刺激的だったようです

そしてみんなのお待ちかね、エッグハンティング
今年も晴れてくれたおかげで公園で実施
毎年数を数えたりはしないのですが、今回かくしてくれたM先生たちが
数えてくれました
その数130個
そしていつも子ども目線のところに隠すのですが、小学生もたくさんいるので
ちょこっと上の方にも
未就学児からスタート
3分後に小学生がスタートの予定でしたが、子どもたちが待てたのは1分まで(笑)
なので1分30秒後に小学生たちもスタート
…すごい勢いでした(笑)
木の上、茂みの中、草の中、何かの物陰…
子どもたちの必死さと、興奮度合いがすごい
そして終わったであろうときに数えてみるとあと4つ!
子どもたちがまた気合を入れなおし探しまくる
そして最後の1個まできっちり見つけることができました
しかも最後の4個のうち3個をYちゃんが発見!
すごーい!
DSC_0249.jpg

部屋に戻ってからたまごの中のおかしをゲット
そしてリフレッシュメントのおやつ
今回、手伝いに来てくれたネイティブからうれしい差し入れ
カラフルなイースターのチョコレートがたくさん
ありがとう
他にも前日のKinderクラスの子どもたちが作ってくれたおかしも

全部の予定が終わって少しだけ時間が余ったので
未就学児も含めて改めて早口言葉に挑戦
楽しい楽しいイースターもこれでおしまい
もともとイエス・キリストが復活したことをお祝いするイベント
カラフルなお花はそのことをお祝いしている様で
春の訪れをお祝いするイベントとも
みんなでお祝いできてうれしかったです

Happy Easter
     images.png

スポンサーサイト



今年5周年を迎えるSunflower Kids
夏に生徒を連れてオーストラリアに行くという初の試みも
最初告知したとき、お母さんたちからの反応は「いかせたい!」「すごい!」
そして「私も行きたい!」(笑)ととても好評でした
が、おうちでお父さんに「まだ早い!」「2週間は心配」「子どもだけ??」と様々な
理由でストップがかかる子続出
ということで、当初期待していた参加人数からはかなり少なくなっちゃいましたが、
次回につなげるためにも実施することにしました

ホームステイ、学校体験、観光がメイン
そのために事前研修を3月末に行いました

①オーストラリアってどんな国?
②日本を紹介しよう(文化・伝統)
③日本食をご馳走しよう
④シャワーの使い方
⑤学校について
⑥ホームステイについて
⑦お金の使い方
⑧空港・病気など
をメインにイメージトレーニング
オーストラリア事前研修


オーストラリアと言えば動物、季節が反対というイメージかな
行く場所の確認も含め、子どもたちも詳しく学ぶにつれて新しい発見があったようです
オーストラリアだけでなく、私たちの国、日本のことも学びました
私が以前海外にいた時、日本のことを聞かれると答えはほとんど“I don't know.”でした
英語で説明できないというより本当に、文字通り無知だったのです
恥ずかしかった~
なので少しでも日本のことを知っていてほしいと思います
英語で説明できなくても、同じ“I don't know.”と答えることになっても知っていてほしいと思います
そんな中、「日本の文化を紹介することで友だちを作ることもできるよ」と話すと
「けん玉もっていきたい」「折り紙教えてあげる」など積極的な意見が出てきました
学校に行く前にクラスの子どもたちにお土産も兼ねて、折り紙で何かを作ってプレゼントしようという計画も立てました

またウェルカムパーティーとフェアウェルパーティーでふるまうお料理も決めました
ウェルカムパーティーでは天丼と豚汁
お友だちを少なくても1人作って招待しようというミッション付きのフェアウェルパーティーでは
子どもたちも大好きなカレーライスに決まりました
そしてみんなで夕飯・朝食のために試作品を
向こうに日本食の食材を買えるところがあるとは聞いているのですが、どこまでのものがあるのか、
炊飯器なども使えるのかいろいろな懸念があるのでご飯も炊飯器なしで炊いてみました
天ぷらも天ぷら粉ではなく小麦粉
うん、きっと大丈夫(笑)

食事の後はシャワー
お試しにシャワーカーテンをつけて実際に体験しました
練習が必要なのは我が家の長女ということが判明(笑)
見事に外がびちょびちょになっていました
がんばれ…

2日目最初は学校について
難しくても周りを見て同じようにすれば何とかなると信じてするしかないですね
宿題もちゃんとしよう!
言葉は違ってもレベルは同じようなことなのできっと大丈夫!
算数なんて意味が分からなくても計算式を解くことはできる!
体育も同じように体を動かせばいい!
できることをしっかりしよう!
全部わからなくても何となくわかってクラスを楽しめたらそれでいい!
そんなことの繰り返しでした 
わたしってスポ根(笑)
とにかく子どもたちの一番心配なのが「学校」らしいです
言葉もそうだけど友だちになってくれるかな~って不安があるようです
その一方、「放課後バスケしたい!」
というやる気満々の声も(笑)
たっぷり楽しんできてください

子どもたちには初体験となるホームステイ
いくつか約束を決めました
・あいさつはしっかりとする
・積極的に輪に入っていく(部屋に引きこもらない)
・積極的にお手伝いをする
・相手の顔を見てお話をする
これができたら充分コミュニケーションはとれる
これも私が以前ホームステイをしたときに反省したことです
そして我が家にホームステイで来る留学生を見て感じることです
これができたら言葉が通じなくても、意味が分からなくてもうまくやっていける、うん!

最後にお金
お買い物をするとき、食べものを買うとき
基本的には一人でやってもらうつもりなのでしっかり覚えていきたいところです
オーストラリアのお金はいつも教室で使っているアメリカドルとは違うので初めは
とまどっていましたが何とか感覚はつかめるようになりました

2日間の研修はみっちりなスケジュールで最後の方は子どもも疲れが漂っていました
ほんとよくがんばった
お疲れ様

でも夜は留学生も含めてみんなでウノをしました
その時間はとってもリラックスできたようで、交流を楽しんでいました
わたしもホストファミリーとよくカードゲームしていました
そしてそのときに子どもたちがよく言っていた言葉
“OK, mom. If you say so...” “What're you talkin' about?”
今になってもよく使います(笑)
そんなちょっとしたことでも構わないのでたくさん思い出が作れますように
オーストラリア事前研修
娘たちも新学期を迎え幼稚園&小学校が始まりました
そして、スプリングスクールも落ち着いてきました
が、振り返ってみれば私の仕事は山盛りてんこ盛り…
ブログのアップ、イベント準備、新年度のカリキュラム作成、部屋の模様替え、今月末のお泊りイベントの準備…
やりたいこと、やるべきことがたんまりあります
気合を入れなおして一つずつ仕上げていきたいです
その中で一番滞っているブログ
たまっているブログ第1弾は先月あったイベント
St.Patrick's

前回の記事にも載せたアイルランドのお祭り
アイルランドにキリスト教を伝えた聖パトリックの命日を祝うお祭り
アイルランドの国の色、緑がたっぷり強調されているお祭りでもあるこの日
私たちも緑を身につけて楽しみました

いつものように自己紹介、単語練習の後、このイベントがどんなものかについて学びました
5年ぶりに来日した友だち夫婦も参加してくれてこの説明部分を手伝ってくれました
そしてそのあと、学校でも作成することもあるレプリカンを捕まえるためのワナ作りを
虹の下に金貨の壺を隠していると言われているレプリカン
とっても小さくて、すばしっこいらしい
だけど捕まえるとその金貨のところに案内してくれて願い事をかなえてくれるとか…
ワナにもいろいろな種類があって今回私が用意したのは箱や、牛乳パック、トイレットペーパーの芯などの材料
あとは子どもたちの思うままに…
サンプルの写真から作りたいもののアイディアを見つけ、グループに別れて作りました
故意的ではないのですが、なぜか小3の男の子二人はネイティブとマンツーマンに
そして、男の子…プラモデル好き?かなりの力作でした
Stpatrick.jpg
完成

ちびっこたちもかわいい作品がたくさんできあがりました
落とし穴、上からカゴが落ちてくるタイプ
タイプはいろいろでしたが、これならうまくレプリカンも捕まえられそう
子どもたちはネイティブとの交流もよく楽しんでいて笑顔の絶えない時間でした

最後におやつは…もちろん緑
緑、緑、緑のお祝いはとっても楽しいお祭りでした