FC2ブログ

英語以上のものを学ぶ英語・英会話教室 Sunflower Kids 松戸・柏・三郷

もういくつ寝るとお正月〜
…の前に!
今年こそ年内にブログをアップしなきゃ
ってことで、いつものごとくちょこっと時間を巻き戻し…
メリークリスマス
今年のクリスマスパーティーにはなんとネイティブが8人も来てくれました!
と言うのも我が家に滞在している留学生の友だちにサンタさん役をお願いしたので他のお友だちも一緒に来てくれたから♫
今回のイベントでも恒例のケーキデコレーションをしました
ケーキは去年と同様、元パティシエという生徒のママに作っていただきました
残念なのは肝心な子どもが熱で参加できなかったこと
しっとり&フルーツ入りのロールケーキとホールケーキ+市販のカップケーキを思い思いにデコレーション
今年も激しく…おっと、失礼、楽しくできあがりました
名称未設定-2

その後牛乳パックを使ってサンタ、トナカイ、雪だるまの中から一つを選んで作りました
意外とサンタよりも雪だるま人気でした
できあがった作品はそのままだと寂しいので、中にクリスマスのシンボルを入れることにしました
スライドを使ってクイズ、クリスマスソングを織り交ぜながら「クリスマスの本当の意味」について学びました
クリスマスによく見かける星、赤色、緑色、ライト、キャンディーケーン、クリスマスツリー、リース、プレゼントなどなど
そこにはちゃんと意味があってそれを学ぶことでクリスマスの本当の意味を知ることができます
みんなの知っていることもたくさん、でもそうだったんだ〜という発見もたくさん
クリスマスソングも英語でしたにも関わらず何となく口ずさむ子どもたちも何人かいました
本当のクリスマス精神はプレゼントをもらうことではなく誰かにプレゼントを与えること
それはものである必要はなく、親切な行ない、優しい言葉でも良いハズ
みんなが温かい気持ちになれたらそれは本当のクリスマス
そんなほっこりした気分を持ちつつ、子どもたちをもっと夢中にさせたのはその後に食べたみんなで作ったケーキ
予想はしてたけど、プププ
いつかみんなが本当のクリスマスを実感できますように
でも、少なくともみんながいてくれるだけで私は嬉しいので、私のクリスマスにはなってくれています
気づいてるかな??
みんなにとってもステキなクリスマスをこれからもずっと過ごせますように
名称未設定-1

今年1年もたくさんの子どもたちに出会い、たくさんの愛に触れ、たくさんの笑顔を見ることができました
素晴らしい年にしてくれた全ての人に感謝しています
ありがとうございました
2016年も素晴らしい年になりますように

Happy New Year to All
スポンサーサイト



先月の話ですが今年も無事に発表会が終わりました
毎年9月くらいから練習に入りますが今年も覚えられないことに不安を感じ、
挫折感を味わう子、あきらめモードに入る子、涙涙の子など大変な時期を過ごしました
いつもよりレベルを少し上げての内容、毎年のこととあって私個人的にはあまり気にはならないのですが、
本人たちは必死
親も励ましたり、慰めたりさまざまな形でフォローをしてくださいます
でもこれを乗り越えられたら自信もつくし、努力することの大切さも学べるし、英語力も上がります
ということで私は、最後の最後まであまりセリフを簡単にしたり、省いたりということはせずに見守るようにしています
まぁ、明らかに努力をしていない場合は喝が入りますが(笑)
小さい子は「セリフを読めるようになった」=「覚えた」という感じですが、年齢が上がるにつれて「読む」と「覚える」は別になるので苦労するようです
そして動き、イントネーション、表現方法、発音…覚えることは山盛り
そして私も8月から台本、デモテープ、衣装、小道具、スライド作りと最後の最後まで忙しい日々になります
今年は「私のお気に入り」というテーマなので子どもたちにやりたい演目を聞いて決めました
オリジナル劇は内容まで子どもたちが決めてくれたり要所要所に子どもたちの「お気に入り」が詰まった発表会です

そんなこんな3か月を過ごしましたが泣いても笑ってもやってくる発表会
今回は本番2週間前にホールがとれたので急きょ場所を変更
舞台付きの場所でできることになりました
会場が広くなったことで子どもたちの声がどこまで届くかという不安はありましたが、ホールを使用しました

まだでき具合が100%じゃない子どももいましたが、今できることを100%発揮できたら十分だと思います
朝からの別会場でのリハーサル、そして本番
私がいつも頼もしいなと思っていることの一つは、会場準備、小さい子どもの面倒など小学生たちが嫌がらずに助けてくれること
そして小さい子どもたちもそんな小学生のことを慕ってくれていることはとても微笑ましいです
お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、お友だちが見守る中、一つ一つの演目が進んでいきます
ハプニングももちろんありましたが今までのどの練習よりも上手にできたと思います
子どもたちの今までの不安そうな表情とは裏腹に目がキラキラ
楽しそうでした
もともと発表会を楽しみにしていた子どもたちはもう来年の発表会のことを考えているようです
なんやかんや言っても劇をしたり、歌ったり、踊ったり子どもたちは発表会が大好きです
発表会が終わってもセリフと似たような言葉でスイッチが入り、レッスン中でもいつの間にか発表会の劇が子どもたちだけで始まってしまうくらいですから(笑)
でもまた来年泣く子どももいるのも確かです(笑)

今回の発表会、子どもたちのお気に入りについてたくさん知る機会となりました
また感謝している物についてもたくさん知る機会になりました
私のお気に入りはもっぱら「Sunflower Kidsに関わるすべての子どもたち、その家族、スッタフ、地域の方々」ですがもう一つ、「子どもたちの成長を見ること」大好きです
今年もたくさんのサポートを与えてくださった子どもたちの家族、そして子どもたち自身に感謝の気持ちを増し加えることのできた発表会になりました

すべてのことに感謝をしてまた来年の発表会に向けてがんばっていきたいです
名称未設定-1