FC2ブログ

英語以上のものを学ぶ英語・英会話教室 Sunflower Kids 松戸・柏・三郷

Around the World第2弾、ヨーロッパ・オセアニア
ヨーロッパのイメージ…かわいい民族衣装がいっぱい
オセアニアのイメージ…独特の文化
う~ん、どうやって楽しんでもらおう??
なぜならあんなにたくさん民族衣装があるにもかかわらずなぜかヨーロッパの民族衣装を持っている人って少ない
つまり借りることもできない
真剣に民族衣装のコレクターになろうかな(笑)
そしてアボリジニー、マオリ族…どの文化をどうやって伝えよう?たくさんありすぎて困っちゃう
そんなこんなな悩み(?)を抱えつつ形にしたのが今回のイベント
今回も私ではわからないところを他の先生に助けてもらいました
M先生はハワイの大学出身、そしてポリネシア文化センターでアルバイトをしていたのでそのあたりのことは詳しい
そして旦那さんはハワイ人、しかも現在弟が来日中
ただハワイハワイしてる人じゃない(笑)
でもたっぷりお手伝いしてもらいました
そして準備をしていた時にたまたま見つけた「オーストラリア体験セット」
貸出無料ということもあって飛びついちゃいました
民間に業務委託をしているらしく調べていくとなんと松戸市国際交流協会にも1セットあるとのこと
これは使うしかない!とさっそく問い合わせてgetしました

今回は民族衣装が少なめ&サイズ大ということもあって他に力を入れることに
メインはアボリジニーアート
点描画でいろんなものを表現するものだけどテーマを決めずに自由に描いてもらいました
ただせっかくなのでブーメラン型の画用紙にデザインをしてもらうことに
難しい子どもたちにはすでにイラストが描かれているものの上から色を付けるものを用意
爪楊枝、細い綿棒を使ってひたすらてんてんてんてん…地道に行ってました
すごい集中力にびっくり(笑)
CIMG0666.jpg

そしてマオリ族のダンス、ポイボール
本当はハカも踊りたいところだけどあの迫力私には出せない…かっこいいんだけどな~
ポイボールは2年前に発表会でも子どもたちが披露してくれたこともあり、またできることにワクワク
みんなでポイボール作りから始めてクルクルまわし始めました
ひもと結んでいるところが弱く途中飛んでいくボールもチラホラ
でもまわしているだけでも楽しい
そして技ができちゃうともっと楽しい
簡単なものからちょっと難しいものまで挑戦挑戦
結果一番上手だったのは年長の男の子
未経験にもかかわらず小学生よりも上手にまわしていました
その男の子は誰??M先生の息子でした
やっぱりポリネシアの血が騒ぐのかしら??
パパとママもびっくりするくらいお見事でした
CIMG0665.jpg


最後にクリケットも体験したかったけど残念ながら時間切れ
またの機会に…ということになりました

たくさんの国、文化、伝統を見てきたAround the Worldも次回で最後
次回はアジアの国々に目を向けます
今度は民族衣装もたくさん用意できそうだし、ほかにもまだ内緒の企画もあるのでぜひ来てくださいね
8月29日(土)14:00-16:00
馬橋市民センター 第1会議室
です
お待ちしております
スポンサーサイト



とってもとってもお久しぶりです
気づいたら2ヶ月も更新してませんでした(汗汗)
その間にイベントも2つありました
3ヶ月連続のシリーズものです
「シリーズもの」というのは私も初挑戦でいつもよりワクワクドキドキ
今回のシリーズはAround the World
世界の国々を学びながら国際理解を目的に行いました

まずは第1回
アフリカ、南アメリカについて
このイベントは去年末から計画して構想を練っていたけれどこんなにいい時期にできたことに感謝です
というのも計画始めた時には出会っていなかったY先生
実は彼女はJICAに勤務していた経験がありその時にアフリカにも2年駐在していたのでアフリカについて詳しい
そしていつも教会の宣教師にネイティブ講師としてイベントを手伝ってもらっているけど今回転勤してきた宣教師が珍しくブラジル出身
もうこのイベントのためのような出会いがここ数ヶ月であったんです
しかもY先生はお腹の赤ちゃんも安定期に入りもうタイミングもばっちり
そんなこんなでベストな状態、人材でのイベント
Y先生が準備してくれたスライドで始まりみんなで驚きの声をあげながら二つの大陸について学びました
日本に住んでいる子どもたちには想像できないこともたくさんあり衝撃だったようです
特にアフリカの家族の人数やおやつのトカゲ
私も知らなかったことがたくさんあって勉強になりました
そしてこのイベントで私がしたかったことの一つが民族衣装
私自身、民族衣装が大好きで学生時代よく国際交流イベントに行って着せてもらっていました
色、素材、模様、形いろんなことからその国の雰囲気を感じることができてその国のことを身近に感じられてワクワクしました
と言っても問題はその衣装
知り合いや国際交流協会などに問い合わせてなんとか集まりました
もちろんY先生の私物も
お貸しくださったすべての方に感謝です
そんな民族衣装、最初はみんな敬遠してる感がありましたがき始めるといろんなものを着たくなったのかいろいろ試着していました
そして私も誘惑に勝てず試着しちゃいました(笑)
はぁ〜民族衣装最高
CIMG0546.jpg

他にも郷土料理、今回はクスクス(これもY先生が準備してくれました)とブラジルのトウモロコシのケーキ
初めての味に戸惑う子どもたちもいましたがそれもそれで経験、郷土の味
外国の人に納豆を出したときの反応のようなもの
他にも国旗の塗り絵ブース、ミサンガを作ろうのブース、現地の子どもたちにプレゼントを作ろうのブースを用意しました
作ったプレゼントはY先生の友人を通じてアフリカへ、また手伝ってくれたブラジル出身の宣教師によってブラジルへ届く予定です
誰かのために何かをするというのは友情を育むのに一番いい方法
子どもたちがそんな心を学んでくれると嬉しいな〜
イベント最後はブラジルの子どもたちが普段遊ぶようなダンスやサンバに挑戦
ダンスは簡単でしたがやっぱりサンバは難しかった〜
日本のダンスは、舞踊にはない動きですね
名称未設定-1

本当にいろんな人の力を借りてできあがった今回のイベント
企画しながら子どもたちと同じように学び参加したという気持ちがいっぱいです
ありがとう〜