FC2ブログ

英語以上のものを学ぶ英語・英会話教室 Sunflower Kids 松戸・柏・三郷

先日レッスンが早く終わり時間が余ったのでボールで遊ぶことに
いつものようにボールをポンポンとバスケットに投げ入れようと思っていたんだけど
1歳児のほうが楽しみ方をよく知っていた
まずは「バスケットに入りたい」としきりに主張
まぁいいかな~と入れてみたら今度は「そのバスケットにボールを全部入れて」と主張
入れてみたら自分専用のボールプールが出来上がりかなりご満悦
これは考えたことなかった
脱帽です
そしてかわいい
また癒されちゃいました
CIMG0146.jpg
CIMG0148.jpg

この日は新聞をビリビリやぶって遊び、おやつにストロベリーシェイクを作り楽しいこといっぱい
教室に入ってくるときに自分で"Good morning!"と言ってくれたのにもびっくり
Toddlerの成長から目が離せません

スポンサーサイト



これも生徒の要望
4月は学校がテーマでどんな教科の活動がしたい?
というのに対して出た一つの意見が理科
じゃあ、理科の実験をしよう!
ってことでいろいろ考えたけど私が以前からやってみたかったもの
海外ではよく知られているらしいけど日本ではやってないな~

その名も「ゾウの歯磨き粉」
見た目がチューブから出てくる歯磨き粉っぽいからこのネーミング
いかにも外国らしい発想(笑)

材料は過酸化水素、洗剤、食紅、そして水で溶いたイースト菌
これをペットボトルの中で混ぜると化学反応を起こしてもこもこもこ~
IMG_1698.jpg
化学反応を起こしている影響でこの泡がまたあたたかくて気持ちいい
次から次に出てくる泡

ちなみに過酸化水素の濃度を変えるとこんなことにもなるらしい
8f1cf2522f77882c5f9f6dcb1c6465b0.jpg
うちでこれをやると大変なことになりそうなので却下ですが個人的にはやりたくて仕方がない
でも、これをするためには濃度の濃い過酸化水素が必要で、簡単には手に入らないんです

もこもこの泡は子どもたちの心をしっかりとらえてしまったらしくママたちがお迎えに来ても
いろんなところに泡を飛ばしながらひたすら遊び続けていた子どもたち
理科実験成功です(笑)
IMG_1701.jpg
先日生徒に「外国のお友だちにどんな話をしてみたい?」
と聞いたところ「日本のこと」と返ってきました
私:「日本の何について?」
生徒:「キャラ弁
(この生徒のママはキャラ弁がとーーーーーっても上手!
私:「作ったことある?」
生徒:「ない」
私:「じゃあ作ろう」
(私のキャラ弁経験はレッスンでトトロのを作ったときのみ。。。あ~不安
私:「何のキャラ弁がいい?」
生徒:「オラフ
私:「じゃあ作ろう

といった流れでキャラ弁を作ることに…
オラフ…ってアナと雪の女王のオラフだよね???
雪だるまつくろ~♪だよね??
軽く言ったものの私大丈夫か??

翌週、どんなのにするかを決めるためにいろいろインターネットでチェック
そしてみんなで何を入れるかを考えその次のレッスンで作ることに

ミートボール、枝豆、チーズとハムを巻いたもの、卵焼き、にんじん…
いろんなおかずの横にオラフを置く予定
作るのは楽しい
食べるのもおいしいはず
問題はただ一つ
出来上がったオラフが不細工すぎるってこと
もう作ってる時からその不細工さに笑いが止まらない
いや、本当に必死になって作ったんだけど本当に不細工
でも楽しいし子どもたちも満足してたからいいんだけどね
実際に作ってママが作ってくれるキャラ弁のありがたみも、ママのすごさも感じ取ってくれたみたいだからいいんだけどね
「もっと練習してうまくなりたい」って言ってくれたからいいんだけどね
でも正直ママには見られたくないほどの不細工さ…チーン

そんなこんなだけど外国のお友だちができたときにキャラ弁を見せるだけじゃなく、
一緒に作ってみたりするのもとってもステキな国際交流になること間違いなし
なんたって日本が誇るキャラ弁ですから
私もこれを機に少しキャラ弁練習したほうがいいかな??
この不細工オラフのレベルから上達するかは謎だけど…
…はい、笑ってください
なんか凛々しい?たくましい?男らしい?オラフlol
IMG_1695.jpg
今日のKinderクラスは振替の子もいてパンパン
でもちょっと感動したのが子どもたちのリーディングタイム

今日の活動はバースデーパーティーでそのケーキ(ミルクレープ)の生地を焼いている間に子どもたち同士でリーディングの練習をしていました
普段は先生の後について読むけれど、Kinderの中でもリーディングのレベルが分かれているこのクラスは誰かの手伝いがないと成り立たない
今日はレベル別に分かれてその中でリーダーを決め一緒に読むようにお願いしました
今月も3週目なのでほとんどの子が一人で読めるようになっていて、全部を読めなくてもちょっとの助けがあれば読める子ばかり
最初はリーダーも他の子もどうしたらいいのかわからず戸惑っていましたが最終的には自分たちで助け合っていました
年齢関係なく一人一人が成長しているのを見てほっこりした時間でした

生地を冷ましている間にライティングも終了
楽しいことが待っているとみんなやることが速い(笑)
そしてみんなが協力してくれたおかげでミルクレープもおいしく出来上がりました

CIMG0036.jpg
CIMG0037.jpg
今年度に入って久しぶりにToddler(1歳児)のレッスン
まだ日本語もほとんど出ない、できることも少ない1歳児
なので、ひたすら遊ぶ、遊ぶ、そしてまた遊ぶ
でも気の向くままの1歳児
飽きた~、眠ーい、おなかすいた~、ママ~の繰り返し
それでもそれでもこの年齢
一言でいうと…
かわいすぎる
かわいすぎて癒される
そして行動が面白くて笑いが止まらない

初日は一人レッスンでひたすらどんな反応を見せるかドキドキしてたけど
意外といい感じにすべてがうまくいき…
2日目はもう一人一緒に参加
そして二人とも最初から眠たいモードでスイッチが入らない
予定していたことの半分も終わらず気分転換に公園へ行くことに…
でも公園にたどりつくのかな?というくらいのノリ
ま、まぁ、そんな日もあるよね~
公園で少しスイッチが入ったもののとっても改善点がいっぱいのレッスンでした
でもでもそんな中イースターのクラフトはできたんです
そしてこの時間だけはプチ盛り上がりだったんです
なんたって紙ふぶきやりたい放題(笑)
イースターエッグのサンキャッチャー
かわいく仕上がりました
名称未設定-1

今後も山あり谷ありのToddlerクラスになるのは間違いないけどたくさん楽しいことを一緒にしていけたらいいな~
そして癒しを与えてもらおう、うん
2015年度に突入しあっという間に半月…早っ
今年度は「私のお気に入り」というテーマのもとレッスンを進めていく予定です
私ってこんな人だよ、こんなことができるんだよ、こんなことが好きなんだよ、こんなにすごいんだよと自分を見つめる機会、自分を誇らしく思える機会になればいいなぁ~

さてさて、昨年度子どもたちの自主性、積極性をどのように引き出していくかをずっと考えていました
何かをするときに受け身的に学ぶ子どもがとても多く、言われたことだけをする子どもが多い
つまり言われないと何もできない
自分の考え、意見を持っていない
このことが私の中でちょっとした悩みになっていました
これは誰か特定の子どもというより現代っ子の特徴かな
日本では「みんなと同じように」でもいいかもしれませんが海外に出るとそれは通用しない

そこでいきなり変わることは難しいですが、みんながちょっとでも意識改革できるように今年度からクラスリーダーを設けることにしました
まずは年中さん以上から始めてみることに
1ヵ月交替でレッスンの初めの♪Hello song、Q&A、自己紹介、質問カード、フォニックス、終りの♪Good-bye songを担当してもらいます
それにプラスしてレッスン中アシスタント的な役割(英語を話すように促す、大きな声で発言する、ほかの生徒たちを励ます、みんなの模範となるetc)をしてもらいます

始めて2週間、リーダーになった子どもたちは自分自身でいろんな英語を発していかないといけないので困惑の表情と責任感を感じている表情と楽しんでいる表情といろいろ見せてくれています
リーダー以外の子どもたちはいつもよりゆっくりな流れにちょっとダラ~としている感じも…
課題はまだまだありますが少しずつ改善していけたらと思います
そして子どもたちの中で相手を思いやる気持ちも出てくるといいな~とちょっと欲が出てきている今日この頃(笑)

そんなこんなで今年度も子どもたちの成長を楽しみにしています



去年に引き続き3月は聖パトリックデーをお祝いしました
といっても3/17の当日よりも1週間くらい遅くなっちゃいました
毎回会場が取れなくて…涙
今回は参加人数が10名という小規模なイベントになりました
そしてみんな在籍生
小規模だからこそできることも多くクラフトもちょっとこっちゃいました
ゲームもレッスンでやったことのあるものをSt.Patrick's Dayバージョンにしてみんながとにかく発言できる内容に

イベントが始まって最初に感動したのがHくんの自己紹介
今年、年中のHくん
レッスン中はうまく言えないことが多く他の子どもより時間がかかったり、泣いちゃうことも
でもこの日一人ですごーく上手にできました
というよりも今までで一番上手だった
そして一緒に参加していたママに披露できたことが嬉しかった~
他の子も自己紹介なんてお手のもの~くらいの勢いで「次はわたし!」と率先して前に出てやってくれていました
頼もしいかぎり

CIMG9944.jpg

そのあとに単語を学んだんだけどこれも1年ぶり、もしくは初めての単語
でもでも、みんな覚えるのが速い
おかげでそのあとのゲームがスムーズでやりやすいのなんのって(笑)
このゲームはとってもシンプル
チーム戦で最初のチームが一つ単語を言ったら次のチームはそれを繰り返してそのあとにもう一つ単語を付け加えるというもの
練習ではカードを見ながらだけど実際するときは記憶力勝負
ネイティブや大人がチームにいたって記憶力次第でどうなるかな
みんな必死に頭フル回転
言えなかったり間違えたり悔しそうな顔もたくさん見ちゃいました

その後クラフトタイム
今回はこんなのを作りました
CIMG9976.jpg
金貨のツボに妖精のレプリカン、そして虹
これはSt.Patrick’s Dayの話にはよく出てくる組み合わせ
レプリカンを捕まえることができると、黄金のありかを教えてくれる、そしてその金貨のツボは虹の下にあるという言い伝えから来たもの
でもレプリカンは小さくてとても動きが早く、なかなか捕まえたり、見つけたりすることができないらしくアメリカの小学校なんかではこの日のために罠を子どもたちと準備するとか…(なんて楽しそうな…)
なかなかかわいく仕上がっていて自分で準備しておきながらたっぷり癒されちゃいました

その後再びゲーム
さっきのゲームと同じチームでチーム対抗戦
まずはカテゴリーのゲーム
たとえばにんじんは野菜、馬は動物みたいな感じで与えられたカテゴリーに対するものを言っていきます
もちろん英語で
言えたらコイン1枚GET
ほんの10分足らずだけどみんなの勢いがすごい
早く答えたくて手が上がる上がる
チーム対抗なので一人だけが言うのではなく言えない子がいたら言えるように助けてあげる姿もあってまたまた感動
なんていい子たちなんだ~

ある程度出たので次のゲーム
今度は主語をレプリカンもしくは聖パトリックにして短い文を作ります
動詞はcooks, likes, has, eats, playsの中から選び目的語になる部分はさっきのカテゴリーのゲームで出てきたものから使います
そしてこのゲームなぜかみんな聖パトリックに果物を料理させたがる(笑)
文の内容よりも作ってみることが目的なので笑って終了だけど思わずつっこみたくなっちゃいました
これもコイン効果なのかみんなよく口を開いてどんどん発言をしてくれました

そして最後は緑のものを何かを考えひたすら言っていく
わたしは単語で十分だと思っていたけどみんな〇〇 is green.と文で答えてくれていました
そしてこれにも感動したわたし
みんなやるな~
たくさん発言してくれたおかげでどのゲームも盛り上がりました
最後はGETしたコインを数えて優勝チームにはご褒美のお菓子(緑色のグミ)
そしてがんばったみんなにいろんな緑色の風船をプレゼント

リフレッシュメントも緑色のお菓子
&緑色のジュース(色つけちゃいました)
緑、緑、緑のこのイベント来年はもっと緑になるかも(笑)
CIMG9998.jpg

次のイベントはイースター
4月25日(土)14:00~16:00@馬橋市民センター

イースターエッグ作り、エッグハンティングももちろんします
ぜひお友だちと来てくださいね
※参加ご希望の方は4/22(水)までにご連絡ください