FC2ブログ

英語以上のものを学ぶ英語・英会話教室 Sunflower Kids 松戸・柏・三郷

先週の土曜日にSt.Patrick's Dayパーティーをしました
実は私も初めてのイベント
先月からいろんなネイティブに話を聞いたりネットで調べたりしながらイメージを膨らませ、
形にしてみました
日本ではほとんど知られていないSt.Patrick's Day
カナダでもやった記憶がない…
ウィキペディアで調べてみました

聖パトリックの祝日は、アイルランドにキリスト教を広めた聖人聖パトリックの命日。3月17日。カトリックにおける祭日であり、アイルランド共和国の祝祭日。

シャムロックを服につけたり、ミサに行ったりする。アイルランドでは何世紀も前からこの日を祝う伝統が受け継がれてきたが正式に1903年より祝日となり、イギリスから独立後徐々に祭礼日として成長した。1996年には政府が主体となってダブリンで5日間の盛大なフェスティバルとなりパレードやその他の行事が行われるようになった。



…アメリカでは

緑色の物を身につけて祝う日で、「緑の日」とも呼ばれる。特に、シカゴのシカゴ川をフルオレセインで緑色に染め上げる風景は有名。またシカゴ市警察では着用する警察バッジを“緑の三つ葉”入りの特別な物にする。 アイルランド系やカトリック教徒以外の者も参加することが多い。

ニューヨークやボストンなど、アイルランド系移民の多い地域・都市で盛大に祝われる。なお、ウィスコンシン州のニューロンドンでは、この期間中だけ町名が「ニューダブリン」に変更される。

この日には緑に染めたラガービールを飲んだり、コンビーフ・アンド・キャベッジをアイルランド料理として食べる習慣がある。

現在見られるようなパトリックスデイの巨大パレードが始められたのは実はアイルランドではなく、アイルランド系移民も多いアメリカ合衆国である。イギリスの軍隊の兵役に従事していたアイリッシュの兵隊が1762年の3月17日にニューヨークの町を行進したのが始まりであった。現在ニューヨークのマンハッタンは世界で一番大きな聖パトリックの日のパレードが行われる場所である。

子供の間ではこの日に緑の衣服を身に着けていないとつねられるという遊びがある。大リーグではこの日には特製の緑色のユニフォームあるいはキャップを使用する。


というこのお祭り
とりあえず緑、そして四つ葉ではなく三つ葉(神様、イエス・キリスト、聖霊について教えるときに聖パトリックが三つ葉を用いたとのこと)、そしてレプリカン(これはウィキペディアには出てこないですが、有名な妖精で虹の下に黒いつぼ?にコインをたくさん入れて守っているそうで、つかまえると願い事を3つかなえてくれるとか…)
なので子どもたちにも緑のものをたくさん服装に入れてきてもらいました

今回は参加人数が少なかったのでイベントでは特別なことをしました
それはネイルアートとフェイスペイント
もちろんモチーフはどちらもSt.Patorick's Dayにちなんだもの
女の子も男の子もうれしそうでした
名称未設定-1


そしてクラフト
虹の下でコインを守っているレプリカンをイメージしてみました
作り方はいたって簡単
プラスティックのコップに花紙を入れて台紙に張り付け、レプリカンの顔や守っている壺を貼りつけるだけ
でも結構かわいい
クラフト

ゲームは2つしました
最初のゲームはrainbow, hat, shamrock, wishなどの単語と同じ韻を踏んでいる単語作り
英語の絵本や歌にはこの同韻語(ライム)がよく使われています
そんな英語の楽しい部分を少し味わってもらいました
この韻に対する最初の部分は風船プールの中に隠されていてそれを探すのにもみんなひと遊び
おかげでこのゲームとっても盛り上がりました
名称未設定-1

そのあとはとってもかわいいレプリカンをつかまえろ
ピョンピョン跳ねて捕まえに行きました
みんなの願い事をかなえてもらえるといいね
とっても楽しかったイベント
来年もするのでレプリカンと幸せをぜひ捕まえに来てくださいね





スポンサーサイト



3月は1年間のまとめと言うことでテーマにとらわれずいろんなことをしました

動物の復習のときには紙コップ、紙皿、画用紙など工作道具を自由に用いて
動物を作りました
カンガルー、ぞう、パンダ、ライオン、うさぎ…
同じ動物でも作る子どもが違えば、使うものも作る方法もできあがりも違う
想像力が豊かな子にはかなりの得意分野ですが、もちろん苦手な子もたくさん
悪戦苦闘していました

英語を学ぶ上でも、他の物を学ぶ上でも想像力というのは重要なもの
たとえばリスニングで全部を聞き取れなくても、知っている単語だけを聞き取って
あとは想像で全体の意味を考える
想像するのが難しいと、「わからない」で終わってしまいます
また「うさぎ」一つをとっても連想するとき「長い耳」で終わってしまいます
もちろんこの年代の子どもなので知識として知らないというのもありますが…

Sunflower Kidsではそんな想像力も大切にしています
私が小さいときは何でもないものがおもちゃになっていたので自分で工夫することが
必要でした
今のおもちゃは私から見るとできあがっちゃっているものが多くてそういう想像力を
培うのが難しく感じます
ちょっと残念…

今月はもう一つ想像力を働かせることをしました
国について復習し国旗について学びました
シンプルだけどその国を象徴し多くの意味が含まれている国旗
そして世界にたくさんある国も全くおんなじ国と言うものはなくそれぞれの特色があります
そこでみんなに自分の国を作ってもらいました
少しでも気分を出すために冠をかぶせて○○姫、○○王子、○○女王、○○王という名前を
つけました
まずは自分の国の名前を決めました
○○ランド、○○王国、○○共和国…自分だけの国にぴったりの名前が決まった後は
どんな自然があって、どんな食べ物があって、どんな人が住んでいるかについて考え、国の形、
場所を決めました
そして大切なものが国旗
シンプルにそして意味や願い、象徴を形にすることを考えながら作りました
そのあとは自分の国紹介~
I'm Princess .... I'm from ....
とっても素敵な国がたくさんできました
CIMG0263.jpg


ちなみに私も作りました
The Kingdom of Sunflower Kids
私の国には幸せにする魔法の粉を持った妖精が100人います
そして名産品にはひまわりのケーキ
国旗には空と子どもたちの果てしない可能性をイメージした水色に世界にかけ橋になるという
願いを込めた4色の虹と大きなひまわりをあしらいました

これからもたくさん想像力を働かして楽しいクラスにしていけるようにがんばりますっ
またまたご無沙汰してしまいました
たくさんかわいい写真をレッスン中にとっていながらそのままに
なってしまっている状態…

2月と3月まとめてのっけちゃいます

2月は乗り物テーマでミカン箱を使ってマイカーを作りました
折り紙をべたべた貼るだけでも楽しい上に、マイカーと言うことでさらにみんな気合が
入っていました
そして窓やライト、ハンドルをつけて最後はナンバープレートもつけちゃいました
そして外もポカポカ陽気…
もう行くしかないでしょ?
マイカーでドライブに出かけました
PIC_0129.jpg
もちろん目立ってました
でもかわいくてかわいくて…

そして別クラスのお散歩では街の中のいろんな乗り物を探しに
そしてゴールはここ
消防署…いや、消防車
1896945_401499003321053_919004589_n.jpg
もう男の子にはたまりませんね
ご満悦でした
消防士さんありがとうございました

Toddolerクラスのほとんどの子は4月から年少さん
Kinderクラスへの準備も兼ねてはさみの練習
色画用紙をチョキチョキ切って今度はそれを自由にペタペタはって
楽しみました
CIMG0269.jpg
2歳のRくんはこれを紙吹雪状態にしていました(笑)
でも私の本心は…私もやりたい
今度はもっともっとたくさん準備して思う存分したいなぁ~

2013年たっぷり癒してくれたかわいい子どもたち
Kinderクラスでもたくさん楽しいことしようね