FC2ブログ

英語以上のものを学ぶ英語・英会話教室 Sunflower Kids 松戸・柏・三郷

6月にあった英検の結果が先日発表されました
今回、教室から2人の3年生が5級に挑戦
2人とも英語をはじめて1年9カ月くらい
始めたころはついてこれなくて、涙を見せることもあったけど
英語レベルは順調に伸びていました
他にも中2の子が学校で4級に挑戦

結果

全員合格

おめでと---!!!
本人たちも家族も不安でドキドキみたいでしたが
わたしは特に心配していませんでした(笑)

index_201906210834247a1.jpg


来年から小学校の英語が教科として本格化されるので
英検を考えているという親御さんが増えています

サマースクールでも英検対策は可能なのでご希望の方はお知らせくださいね
サマースクールは7/1(月)~8/30(金)です
詳しくはホームページでご確認ください
サンフラワーキッズ
スポンサーサイト



先月は久しぶりにたくさん雪が降って
雪だるまを作ったり、雪合戦をした方も多いと思います
と、同時に、雪嫌だな~と思った方も多いのでは…

わたしはと言えば、雪予報が出たときからソワソワ
雪予報が出ても積もらないことの方が多いので、ドキドキ
週間予報から雪マークが消えないようにこまめにチェックしていました(笑)
全く無意味なんですけどね

そして雪の日当日、何回窓から外をチェックしたことか(笑)
遊びに行くタイミングをずっとチェック
ウィンタースクールに来ている生徒の時間帯には遊べるほどの雪にはならず

でも夕方のKidsのクラスの時間帯になるといい感じに積もってきました
ウズウズ、どのタイミングで遊びに行こうかなと思っていたら
子どもの方が先に“I want to make a snowman!”と言い出しました
しかもいつも教室では引っ込み思案で自分から意見を言うのがまだまだ苦手な女の子
その子が真っ先に言い出しました
いや~雪パワーすごいね(笑)
なのでみんなに一人ずつ確認
“Do you wanna go?” “Yes!”
“Do you wanna go?” “Yes!”
“Do I wanna go?” “Yes!”←
ということで授業そっちのけでお出かけ決定

でも英語も大切なのでいつもイベントに来てくれる教会の宣教師(ネイティブ)に電話☎
「教会で他の地域の宣教師もみんな集まって何か活動をしようとしているところ」
「じゃぁ、みんなまとめて(笑)」
そんなむちゃぶりからネイティブ30人弱と教会の駐車場で雪合戦

snowball fight

いや~笑った笑った!
楽しかった~
子どもたちもネイティブとたっぷり遊べて大満足
容赦なく雪玉を投げつけていました(笑)
もちろん雪だるまも作りました

snowman.jpg

最後は思い出に集合写真
みんな遊んでくれてありがとう

on a snowy day

ここ2週間アメリカから立て続けに友だちが遊びに来ていました
久しぶりのお友だちに我が家の子どもたちも大興奮

最初に来た夫婦は予定を詰め込みまくっていたために、多忙を極めていました
ディズニーに行く日の朝、5:30の電車で越谷に行き、
入園前に浦安にいる友だちとも会うという…
タフだね…

後半に来た友だちは逆にのんびり
夕方にはおうちに戻ってきていたので
ちょくちょくレッスンにも顔を出してくれていました
子どもたちには「来るよ~」なんて話は全くしていなかったので
突然家に背の高い外国人が入ってきて
レッスンに紛れ込む…
みんな、状況がのみこめない
「あんた誰??
とまどいながらも、質問をしたり、リーディングを聞いてもらったり
ちょこっと楽しいひととき
めったにない機会だから楽しんでください
そして手伝ってくれてありがとう

誰??


先日、小1の男の子Kくんと英検対策をしていたときの一コマ
見直しをしているのか、考えているのか、
ただすることがわからずにとまっちゃっているのか
そんな状況でした

わたし:"What are you doing?"
Kくん:"I'm 確認している"


思わず大爆笑してしまいました
そして、状況がのみこめないK くんは思わず涙
失礼しました

でも、これこれ!
わたしがいいなと思ったこと
Kくんは「確認する」の単語がわからなかっただけ
あとは大正解
意識してなのか、たまたまなのかはわからないけれども
文法もちゃんと現在進行形

常日頃からわかることは英語で言うように言っているけれど
なかなか知っている単語も出てこない
まだまだインプットの状態でアウトプットまでに至っていない
学びの過程なので時間が必要だから仕方ないこと

そんな中、出てきた"I'm 確認している"
うれしかったぁ~
言っている英語がなんであれ、
英語で言ってみようと思うその気持ち
それがうれしい

Japanese-English1-650x311.jpg

Kくんは意識せずに使ったけどわたしもよくこういう英語を使います
日本語(Japanese)と英語(English)をミックスしたJapanglish
たとえば英語にはない
「おつかれさま」「なつかしい」などの日本語特有の言葉や
文末の不可疑問「でしょ?」「だよね?」
に対してよく使います
例えば"You like apples でしょ?"
"It's really なつかしい~"

そして日本語が得意なネイティブもよく使っています
日本語を話しながら「~のような」を意味するlikeがでてきたり
英語を話しながら「そうね」などなど

ネイティブと話すときに、ちょっと意識して聞いていると
飛び出てきたりするのでチェックしてみてくださいね
You will find someだよ
前回のディベートでなんとなくやり方はわかったKちゃん、Rちゃん、Hちゃん
引き続き、このスプリングスクールでみんなで読んでいるシリーズ本から
テーマを取り上げてディベートをしていきました

spring.png

オーストラリアで買ってきたこのシリーズ
登場人物が同い年くらいということで共感できることも多いらしく
3人のお気に入りで、読み終わったら本を取り換えっこして読もうと話し合っていました
シリーズ買い占めておけばよかった(笑)

第2回のテーマは
「遊びに行くなら、動物園?ディズニーランド?」
全員一致でディズニーランドでした(笑)
「ホテルにも泊まれる!」
「楽しい!!!」
「動物園よりも広いからもっと遊べる!」
テーマのせいなのか前回よりも
よく意見が出てくる

そして第3回は
「海に行くなら泳ぐ?それともビーチで遊ぶ?」
これはRちゃん、Hちゃんが泳ぐ、Kちゃんがビーチと意見が分かれました
「泳いだ方が涼しい!」
「サメがいるかも!」
「泳ぐ練習ができる!」
「アイスクリーム食べれる!」
あはは!おもしろいテーマだったかも!

まだまだ、押しが弱いところもあるけれど
自分の意見を伝えたい!
という気持ちから発話が以前より活発でした
英語を話すというところにはあまり抵抗なくできていた3人なので
この「伝えたい」という気持ちがもっともっと出てくるようになればいいなぁ

おまけ:
最終日はミートスパをランチに作りました
準備し始めて30分後にはできあがっていたという
さすが小学生!
おいしいランチでした

スパゲティー