FC2ブログ

英語以上のものを学ぶ英語・英会話教室 Sunflower Kids 松戸・柏・三郷

3月30日一人の生徒が卒業しました
さびしくもありうれしくもありました
彼女は教室をオープンして最初の生徒
年長さんで入学してきて、6年生で卒業しました
わたしと、Sunflower Kidsを成長させてくれた特別な生徒です

入学する前に来てくれた無料体験のとき
彼女は、英語よりも教室の壁をずっと見ていました
彼女の世界があって、集中するのは難しい生徒でした
ワークシートを渡すといつもワークシートにある絵に顔を描いたりお絵かきをしていました
今でもよく覚えています
とっても懐かしく、ほっこりする思い出
ついつい感情的になって強く言ってしまい、傷つけ、ママと話し合いを持ったことも
Mちゃんとたくさん話し合ったこともありました
うまくできなくて泣くこともたくさんあったMちゃん
急に本が読めるようになったり、英語を書きだし驚かしてくれるMちゃん
レッスンの後、いっしょにご飯を食べることもしばしば
ネイティブと二人で劇をしたこともありました
発表会の前はよく追加レッスンに来ていたMちゃん
我が家のチビちゃんが大好きで未だにカバンの中にぬいぐるみを詰め込んできて、
レッスンが終わった瞬間に遊びだすMちゃん
誇らしげに英検5級合格を報告してくれたMちゃん
英語が大好きで、英語の宿題は率先して行うMちゃん
彼女との思い出は尽きません

彼女だけでなく、いつも理解を示し見守ってくださったママとパパにも
頭が下がる思いです
おうちでママが叱るとき一番効く言葉は
「英語やめさせるよ」らしいです(笑)
そんなMちゃんが卒業前におうちでママに言った言葉

「ヤエコは厳しいけど、自分もヤエコみたいになりたい。
尊敬している。そんな先生に学べて自分はラッキーだ。」


号泣

そんなふうに思ってもらえるなんて私こそ幸せ者だー!
というより、そんなことを言えるMちゃん何者?(笑)

Sunflower Kidsは小6までが対象
だけど本人の希望により大人クラスに移行して、これからも私の生徒でいてくれることになっています
これからもたくさんのことを学ばせてくれるんだろうな~
中学英語、英検まだまだ彼女の中では目標があるようです

改めてよろしくね、Mちゃん


スポンサーサイト
先月の算数に引き続き、今月もわたしの苦手分野
理科
でも、でも!不思議をたくさん一緒に見つけて楽しむぞ
第1週は液体実験
いろいろな液体と水との比重をチェックするところからスタート
その結果をもとに、色を付けた水を入れるとどうなるかを調べます
今回用意した液体は8種類
はちみつ・牛乳・食器用洗剤・塩水・ガムシロップ・エタノール・サラダ油と水
すべて100ccにしてそれぞれ重さをチェック
ネタばらしになっちゃうのでこのへんはナイショ
気になる方は是非実際に調べてみてくださいね
ここに色つきの水10ccを加えます
すると、ジャジャーーーン
こんな感じに
水より重い液体は下の方に残り、軽い液体は上に浮かぶという原理
どれかどの液体化は写真上はぼかしておきました
見えてるけど

理科実験

この後は半分お楽しみの時間
この実験結果をもとに、
Rainbow Jarなるなるに挑戦
つまり容器の中で何色もの層を作り上げようというもの
液体の重さがポイントです

理科実験2

色がちょっと見にくいですが4層できています
このあともう一層作れました

そしてもう一つおまけの遊び
Lava Lamp
方法はいたって簡単
さっき作ったサラダ油+色水にシュワシュワ~の物体(炭酸水素ナトリウムsodium hydrogen carbonate)を入れるだけ
てっとり早く身近にある物を使ってみました
それはバブ
そうそう、お風呂に入れるバブです
バブを砕いていくつか入れるとシュワシュワ~とともに…
 
理科実験3

これ見てて飽きない(笑)
シュワシュワ成分が色水を押し上げる油の方が軽いのでまた下に落ちてくる
ということが繰り返されている状態です

こんな理科の実験を今月はやっていきます
夏休みの研究先取りの気持ちで楽しみたいですね
今月小学生クラスは算数について学んでいます
目標は4つ
①3~4桁の数字
②数の大小(比較級)
③たし算引き算(文章題)
④図形(平面・立体)

というところがメインです

小学校でもやっている内容なので英語でしても想像はつきやすいので、
子どもたちも慣れた感じで取り組んでいます
そんなクラスの様子をちょこっとご紹介

①今までは100まで言えたらよかったのですが、ちょっとレベルアップ
1000までの数を読んでみようということで数字を見て読む練習
そのあと言った数字の書き取りをしました
-ty/-teenでやはり苦労する子もいますが、大体みんなクリアー
Kidsはここまで
いや、高学年のJuniorもここまでと思っていたのですが、思ったよりあっさりできちゃったので

4,649,236,146,546

なんて桁の大きなものまで手を出しちゃいました
もちろんいきなりは厳しいので…いきなりじゃなくても厳しい??
コツを伝授
実は、わたし日本の数字より英語の数字の方が読みやすい
なぜかというとこのカンマ(,)
さっきの数字を日本語で言うと4兆6492億3614万6546
カンマをつけて見ると4兆,649,2億36,14万6,546
カンマの位置がバラバラで読みづらい!
でも英語だととっても簡単
4 trillion 6 hundred 49 billion 2 hundred 36 million 1 hundred 46 thousand 5 hundred (and) 46
これにカンマをつけて見ると
4 trillion, 6 hundred 49 billion, 2 hundred 36 million, 1 hundred 46 thousand, 5 hundred (and) 46
4,649,236,146,546
とカンマの位置がぴったんこ
そしてカンマの中だけでみるとわかるように3桁の数が言えれれば、そんなに難しくはない
高学年だけあって子どもたちもコツを簡単につかんだらしく、
書き取りも95%くらいの確率で正解
ただ、桁が大きくなればなるほど不思議な笑いが起こる
これ、どのクラスでも起こるのでおもしろい現象(笑)

④図形の紹介と辺の数・頂点の数・面の数などを確認
2D(平面) だけでなく3D(立体)の図形についても学びました
立体のオブジェクトを作り、いろんな角度から見て形を見つけ、身近にある立体探し
その後ちょっとした遊びをしてみました

3Dシルエットパズル

2方向から映し出された影に合うようにブロックを並べるというもの
遊びながら思考力・空間認識力・立体把握能力を養うことができるという優れものでわたしのお気に入りの遊びです
1~6までのレベルに分かれているので年齢に合わせて遊べるのも大きな魅力の一つです

コロンブスの積み木

高学年でも苦戦していました
そしてハマっていました

ご興味のある方は、ぜひこちらから
シャオール コロンブスのつみき

算数苦手意識の方が強いわたしですが、子どもたちと学ぶのは楽しい
来週もレッスンが楽しみです


Sunflower Kidsオープン当初からずっと通っているMちゃん
わたしの一番最初の生徒です
そんなMちゃんももう5年生
あんな小っちゃかったのにもう身長も抜かされそうです

Mちゃんはわたしにとってちょっと特別な生徒
最初の生徒だからという理由ではなく、英語の習得の仕方が他の子とは違うというのが理由です
わたしが教えようとしても彼女が覚えるということはほぼないです
でも気づいたら勝手に覚えちゃっているというタイプ
むかしから驚かされることは数多く…

数年前はクリスマスレターを書くときに
日本語でまず書いていいよと言ったにもかかわらず
英語で文(複数)書いてました

またあるときはその年の発表会のセリフを全部覚えるのに苦労していたにもかかわらず、
1年後全部をスラスラと暗唱していました(わたしは完全に忘れていました

本もいつの間にか勝手に読めるようになっていたり、
文法は間違えているとしても英語で自己表現をしっかりしていたり、
未だにMちゃんは未知数の成長を見せてくれます

そんなMちゃんが英語に対してさらに熱心になったきっかけは去年の発表会
彼女の成長に合わせて例年より少しセリフを増やしたのですが、全くと言ってもいいほど
練習してこない、覚えてこない
毎週わたしが喝を入れても効き目がないので、最終的に我が家の長女Hちゃんを投入
セリフを覚えるのが得意なHちゃん
「真剣にやらないなら…努力しないならMちゃんを役から外して、全部Hちゃんにやってもらう」
と半分脅しの喝を入れました
劇に出るのを楽しみにしていたMちゃん
これが相当こたえたらしく、そこから必死
でもこの半分脅しのような喝
わたしも中途半端にしたくないのでHちゃんにもセリフを全部覚えてもらい
Mちゃんのがんばりが明らかに少ないときは練習のときから即Hちゃんと交代
最終的には全部覚えるのが時間的に難しかったので、Hちゃんとセリフを半分こ
無事発表会を乗り切りました

そのときの影響か、何か自分の中で変わったようで
それ以来自分で率先してリーディングを家でするようになりました
そんな彼女、今年は本当に成長したので劇では主役を務めます
そして、リーディングも行います
覚える量も、努力する量も去年と比べても相当な割合で増えています
それでも、しっかりと準備ができているMちゃん
今年も大きな驚きを与えてくれました

Mちゃんのがんばりはこちらの劇で見られます

DSC_0123.jpg

「たいせつなきみ」とっても心にしみるお話です
練習を見ていてもウルってきちゃいます

そしてもう一つは

DSC_0138.jpg

「グリーン・エッグス・アンド・ハム」
レッスンで実際にグリーンエッグスも作って試食したほど練習しました(笑)

お楽しみに
今月のテーマは身に着けるもの
単語はもちろん、日本語と英語の感覚の違いがよく出ているもの(Pantsのように一つのものだけど対になっているので二つという感覚)、洋服を買いに行く練習をしています
洋服を買いに行くと言ってもToddlerでしているようにただ「緑のシャツをください」では実際買い物はできないので
もっと詳しく、深くレベルに合わせて取り組んでいます
例えば洋服の柄であったり、サイズであったりデザインであったり…
基本の言葉や、フレーズ、ダイアログに取り組んでからお買いもの練習
“I'm looking for~”
“Do you have~?”
“Can I have~?”
言い回しはいろいろあります
最初どのクラスでもダイアログを練習して、それを使って買い物をしよう!という想定だったのですが
そうなると暗記作業がみんなのハードルになるようです
もちろんまだ英語の情報量が少ないKinderにはこの方法でして慣れてもらうのですが
KidsやJuniorになるとそこにとらわれないほうがいいということがよくあります
先週Mちゃんはダイアログ完全無視で買い物をしました
でもちゃんと意味は通っているし、ちゃんと買い物も完了
ある意味びっくりしました
もちろん新しい言い方を覚えてほしいとは思っていますが、それよりも自分の中でこういうときにはこの表現と
英語が確立していたのです
体で覚えているMちゃんには普通のことなのかもしれませんが、教える私にとってもとても勉強になりました
その後、私も教えるときに会えて毎回違う表現を使ってみたり、まだ教えていない言い回しを使うようにしました
すると昨日のレッスンでFちゃんが知らない単語のはずなんだけど、私が使うことによってそれを真似てsolid-colorと使いました
ちょっと感動
その後Yくんも勧められたものとは別のものがほしいときに”I'm sorry,but...”と言えるようになったり…
さすがJuniorたち
英語(言語)を学ぶ上で、たいせつなこと
それは教えられることだけでなく自分で聞いたことを応用すること
なんたって言葉は生きているので放置していたら腐っちゃいます
聞きたての新鮮なものから覚えていけると知らないうちに語彙数も上がってきますね
がんばれJunior!
IMG_2472.jpg