FC2ブログ

英語以上のものを学ぶ英語・英会話教室 Sunflower Kids 松戸・柏・三郷

今日は雨が降るということで、屋外の迷路に行くかショッピングに行くか
みんなに決めてもらうことに
ほとんどの子が迷路と言ったので予定通り迷路に行くことに
雨予報でしたが、迷路についたときには風もなくいい天気でした
ただ、いつ雨が降るかわからないので内心焦り気味

まずは巨大迷路に挑戦
日本をモチーフにしているのか鳥居と何体かのゑびす様が置かれていました

DSC_0883.jpg

もっと簡単なものだと思っていましたが、
あははは~
迷いまくり
あれ?さっきここ通った
あれ?また同じところ
の、くり返し

DSC_0889.jpg

その次の迷路は小道をたどっていくもの
ところどころにカンガルーのうんちが
この辺には野生のカンガルーがでる
道路標識もカンガルーに注意

DSC_0903.jpg

そのあと子ども向けの迷路に挑戦
これは本当に簡単だけど中にあった砂場で盛り上がる子どもたち
走り幅跳びを始める5年生もいれば
砂のお城を作り始める5年生も
子どもらしさ全開で遊んでいました
ただ、雲がかかってきたのでそんなのんびりもしていられない
次行こ!次!

DSC_0912.jpg

今年できたばかりの迷路
ずるがしこい賢い5年生は高いところから
道をチェックしてから入りさっさとゴールにたどり着いてました

そのあとは他の迷路に行く前に巨大滑り台にGO!
浮き輪のようなものに乗って滑り降りるコース
一人乗りと二人乗りがあって、おチビちゃんは二人乗りで挑戦

DSC_0934.jpg

キャーーーーーー
ギャーーーーーー
ワハハハハハハハ
ギャァァァァァァァァ
叫び声と笑い声が止まらない
最終的に雨が降り始めたので3回で終了
予定より少し早く帰路につきました
帰り道は結構な雨になったので、ほんと朝の天気が嘘みたい
少しでも遊びに行けてよかったです

さぁ、明日はみんなに会わずそれぞれのホストファミリーと過ごす1日
それぞれ楽しいことができるといいね
ちなみに私たちは、教会で餃子パーティーの予定
私たちが来るということでQくんたちが独身成人のメンバーを集めて計画したらしい
つまり私たちは作る側のメイン(笑)
そして50人くらい来るらしいので目標は1500~2000個とか
また給食のおばちゃん化してきます
スポンサーサイト
今日はQくんが午前中お仕事に顔を出さなきゃということで、午後からお出かけ
いつも車2台で行っているのでQくんがいなければ動けない私たち
今回もお休みの調節したり、時間を調節して私たちがいろんなところに行けるように助けてくれています
ありがたや~
ということで午前中は、それぞれのホストファミリーがH家まで子どもたちを連れてきてくれました
ちょっとゆっくりしてからみんなで、ついに天気が良くなったので近くの公園へお散歩がてら遊びに行きました

DSC_0661.jpg

歩いて5分くらいのところですが、H家の犬も一緒にお出かけということで子どもたちも
リードを持ちたくて仕方がない様子
遊具で遊ぶより走り回っていた子どもたち
相変わらず元気

DSC_0654.jpg

Qくんの帰宅時間に合わせて帰宅
お昼ご飯を食べてから今日行く予定だったMyuna Farmに出発
近場だけどとっても楽しい
まずは身長制限で乗れないHくん以外はポニーの曳き馬に乗りました
昔乗馬クラブで働いていた時に毎日のようにしていた曳き馬
懐かしいなぁ~

DSC_0667.jpg

厩舎で動物を触ったり、放牧場の動物に餌をあげたりして
キャッキャ盛り上がる子どもたち
ラクダやアルパカ、鹿、カンガルーもいてファームの域を超えてないか?
と思いつつも中東や南米のファームにはいそう?
と納得することに
ただ、風が強くて餌が舞いまくる
みんな髪の毛に餌くっついてました

DSC_0736.jpg

トレインライドもしましたが、ファームとあって一番前はトラクター
ぐる~とファームを一周
途中、野生のFlying fox(大型のこうもり)も気にぶら下がっているのを見ることができました


DSC_0781.jpg

DSC_0801.jpg

ライドの後はそのまままた厩舎に
子どもたちが楽しみにしていたヤギの乳しぼり
なぜか私はハイジに出てくるピーターの気分
まずはデモンストレーションを見学
そのあと別のヤギ(シュガー3歳)の乳しぼり体験
2匹合わせて5リットルほどのミルクをゲット
搾りたてのミルクは38度くらいらしいです

DSC_0821.jpg

このミルク、絞った後は周りの赤ちゃん動物にあげるということで
哺乳瓶に小分けされたものをあげることもできました
それこそヤギのゆきちゃんくらいの小さな子もいて
飲み方が可愛い
アルパカの赤ちゃんもヤギのミルク
まだお披露目がされていない赤ちゃんもいるらしいですが、
その子たちもみんなこのヤギのミルクを飲むそうです

DSC_0858.jpg

毎日いろんな体験に目を輝かせる子どもたち
それと同時に慣れない環境に少しずつ疲れが見え始めてきました
先日我が家の長女もそうでしたが、今日も一人ホームシックで
ステイ先からH家にお泊りに来ました
ホームシックというよりも英語にある程度自信を持ってきていたのに
歯が立たなくて、挫折感を味わってへこんでるといったほうが正しいかも

「多人数を相手に話していること、地元トークが繰り広げられていること
日本語でも難しいレベルのことを英語でするんだから
もっとむずかしい
だけど、そういう解釈がないので、自分の英語力全部を自ら否定してしまっている
というところが一番の問題
次のレベルへのステップアップであって、
自分の英語へ自信を無くす必要なんてないんだよ

と話しています
HくんとLittle Hちゃんはむしろわからないものと思って
来ているのでそこまで自信を無くすことはないようです
むしろ、今のはわかったよという感じ
少しずつ聞き取れるものも増えて、何かを感じているようです
明日はまたステイ先に送り返す予定
元気に笑顔でまた挑戦していけますように
オーストラリアの動物に会いに行くために
Moonlit Sanctuaryに出かけました
ウォンバットのお出迎えを受けて子どもたちも笑顔
最初に動物たちのトレーニングの様子を見に行くことに
肉食動物の有袋類、Quoll(袋猫)の牙やポケットを見せてもらいました
(短期間)小さなポケットに6匹の赤ちゃんが収まるとか
Cockatoo(オウムの一種)のトリックも見せてもらえました
お金を寄付してもらうのもこの子のお仕事
小銭を受け取って箱に入れる
Helloも言えるし、かっこいい?と聞かれればウンウン、とうなづきもする芸達者

DSC_0427.jpg

一つ目のお楽しみ
カンガルーに餌をあげる
カンガルーだけでなく、ワラビー、ワラビーより小さいPademelon(藪カンガルー)もいました
餌あげは手のひらに餌をのせて、待っていると近寄ってきてくれるからとっても簡単
誰も怖がることなく、楽しめました

DSC_0472.jpg

DSC_0474.jpg

DSC_0595.jpg

こんなかわいいワラビーも発見
まだ毛の生えていない赤ちゃんがひょこっり顔出していました
気づかなかったけど言われてみれば、お腹がもぞもぞしているカンガルーたちもチラホラ
可愛くてたっぷり癒されました

DSC_0584.jpg

今回子どもたちが楽しみにしていたもう一つのイベント
コアラとご対面
抱っこはできませんが、なでなでして写真を撮ることができます
最初に一人ずつ写真を撮らしてもらってから、グループ写真
ふわふわのコアラに癒しオーラをもらって子どもたちもニヤ~
ユーカリ臭で臭く感じた子もいるようですが、癒され度は予想以上だったようです

DSC_0574.jpg

今日はホームステイ先の子どもたちが学校から帰ってくるころを狙って帰宅
お家でゆっくりするのと、子どもたちともう少しコミュニケーションをとることが目的です
H家でもLittle HちゃんがⅠちゃんと積極的に遊んでいました
Eちゃんは3時間のお昼寝コース
久しぶりにゆっくりできてリフレッシュできました
オーストラリアは昔ゴールドラッシュの時代があり
危険な仕事だけど毎日毎日多くの人が一攫千金を狙って入植していました
そんな時代を再現したテーマパーク、ソブリンヒルに行ってきました
日本でいう江戸村のような感じのところです

小学校で来たりすると、みんなでその時代の衣装に着替えて行動したりするらしく
見まわたすと可愛い衣装の子どもたちがぞろぞろ歩いていました
街並みもとってもかわいくて、キャンディー屋さんや郵便局も味があって素敵でした

DSC_0345.jpg

ゴールドラッシュということで、金の延べ棒を作る過程も見学
金を溶かして、型に流し込み、水で冷やして完成
3キロの延べ棒に変身

DSC_0296.jpg

他にもビクトリア州で見つけられた最大の金塊が発見されるまで、
実際に使われていた金鉱の見学など
興味深いものがたくさんでした
でも子どもたちは歴史よりも今が大切?
金探しに熱中
でも、みんなの想像しているような大きさの金は隠れてないよー

DSC_0386.jpg

そしてなかなか見つからないので助っ人をゲット
本当は私が見つけた金が本物か、確認しに行ったら
No! Do you need a help?
と来てくれただけ
金色でもいろんな角度から見たときに色が変わって見えるのは偽物
常に金色に見えるのが本物とのこと

DSC_0392.jpg

彼が持ち歩いている小瓶には、たくさんの金が入っていました
それを見てモチベーションを上げて終了時間まで、金探しに没頭しました
それでも見つかったのはわずか
昔の人たちはこれに生活をかけていたのだから大変だったと思います
でも同時にギャンブル並みの中毒性
少し気持ちがわかった気がします
一攫千金は簡単じゃないですね
今日のメインは松戸市の姉妹都市、ホワイトホース市の市長さん表敬訪問
こっちにきてからみんなで作ろうと思っていたプレゼントでしたが、なかなか時間が見つけれず
ひとりで作ることに
でも、自分でするにも時間を見つけるのが難しく、昨日家に着いてからと思っていたものの車のトラブルで帰りが遅くなり、初日のブログをアップしたあたりからの記憶が…気づいたらベッドの上で潰れてました
ということで朝から必死
どんなのにするかいくつかアイディアはあったものの、時間的に一番簡単なものにすることに
タイムリミットは2時間
これからもっともっと両市の親睦が深まるように日本とオーストラリアを両方取り入れたデザインにしました
日本の部分は金沢のときに使ったデザインからアサガオ、浴衣、ちょうちん
オーストラリアの部分はコアラとカンガルーにしました
本当はもう少しユーカリとかもつけたかったんだけど、作り方もわからず時間もなく諦めました
そして何回動画で確認してもカンガルーのあたまの部分ができず、そこだけオリジナル(つまりごまかし)になっちゃいました
それを和紙で作ったフレームに貼り完成
喜んでもらえるといいなー
(ちょっと手抜きになってごめんなさい、気持ちはいっぱい詰めておきました)

ということで、市長さん表敬訪問
市議会は市長さんを入れて10名
今日は市長さんと4名の市議さんが来てくださいました
1名は松戸にもきたことがあるそうで松戸市の市章が入った日本語のネームプレートもつけておられました
ちなみに現メンバーの最年少市議さん
子どもたちとセルフィー撮ってました
市議会の席に座らせていただきみんなで記念撮影

DSC_0121.jpg

その後ちょこっとおもてなしを受けて質問タイム
両市の関係や日本に来たことありますか?ついでに好きな色は何色?という可愛い質問も。みんな英語でがんばりました
最後にプレゼント
朝必死に仕上げた手作りのプレゼントも、お土産で買ってきたプレゼントも気に入ってもらえました
そして子どもたちはカンガルーのぬいぐるみとオーストラリアの動物のマグネットをプレゼントとしていただきました
来年のオリンピックイヤーに訪日というのは叶うかわからないそうですが、2021年は姉妹都市になって50周年なので何か大きなことを計画されているそうです
そこに何か関われたらなとは思いますが、さぁ、どうなるでしょう??

DSC_0186.jpg

その後チャドストン・ショッピングモールでランチ&ちょこっとショッピング
と言いつつ行ったのは普通のスーパーとニ○リのようなお店
それだけで2時間近く子どもたちは盛り上がってました
このあと行く予定のショッピングモール内のレゴランドに行く必要ないんじゃない?って本気で考えました
でもレゴランドはみんなが楽しみにしていたので、移動のたびにレゴランドコール

3時以降のチケット(割引チケット)を買っていざ入場
正直ここまで楽しめるとは思いませんでした
リトル遊園地

DSC_0231_20190814083754f09.jpg

乗り物もあり、プレイグランドもあり、もちろんレゴで遊べるブースもいっぱい
映画やメルボルンの街のジオラマまで

DSC_0286.jpg

いっぱいいっぱい遊んで満喫した子どもたち
満足げに帰宅していきました

LDME017456539-LDME357824803.jpeg