FC2ブログ

英語以上のものを学ぶ英語・英会話教室 Sunflower Kids 松戸・柏・三郷

一生懸命、市内の幼稚園、小学校を回ってポスターを貼らしてもらい宣伝した今回のイベント
最後の最後でじわじわと広がってきたコロナウイルスの影響で開催が危ぶまれましたが、
松戸にはまだ広がってきていない、あと数日、政府からもまだ自粛要請が出ていない、
定員パンパンというような人数ではないこと、延期したときに同じようにできない可能性が高いという
様々な理由から開催に踏み切りました
オリ・パラ課の方も来てくださり、フォローもしてくださるということも心強かったところです
ただ、やっぱり心配してキャンセルになる方も、当日体調を崩して参加を見送った方もチラホラ
うん、それでいいと思います
最終的には子ども、大人合わせて70人くらいの参加でした

前半はSunflower Kids、日本ルーマニアスポーツ文化交流協会さん(JRSCA)、日本ルーマニアパンフルート協会さん、松戸陸上競技協会さん、そして松戸市のオリンピック・パラリンピック推進課の方からの団体紹介
ルーマニアのホストタウンになるまでの過程
ルーマニア紹介
パンフルートの生演奏
オリンピック関連クイズ
そしてルーマニアの子どもたちの様子の紹介をしました

DSC_0077.jpg

パンフルートというのはルーマニアの民族楽器
とってもきれいな音色でした
豪華にバイオリン、ピアノ演奏もついていて贅沢な時間でした
そしてパンフルートに合わせてルーマニア国歌も練習しました
前日に思い付きで(また!)ルーマニアの方に歌ってもらおう!
とメールでは流したのですが、ルーマニアの方に伝わったのは本番、その場ででした(笑)
そして私の無茶ぶりはまだまだ続き、当日参加してくれていたルーマニア出身のお母さんを捕まえて
そのまま舞台へ(←ひどい
快く引き受けてくださってありがとうございました

DSC_0135_20200226221626595.jpg

クイズは4択
時間が押していたので用意していた分の半分だけ
そして最後にはルーマニアの応援方法を教えてもらいみんなでチャレンジ
これでいつでもルーマニアを応援できるね

DSC_0205.jpg

DSC_0242.jpg

後半はワークショップ
ルーマニアのお正月を迎えるために行われるクマ踊りをテーマにしたお面作り
お面は私のこだわりで立体にしました
ちょっとしたことだったけどかわいさ倍増でした
子どもたちのガオーッがかわいくて癒される

DSC_0267.jpg

子どもたちが一番に飛びついたのはやっぱりこのブース
ルーマニアの味体験ということでルーマニアのバラ、アプリコットのジャムとはちみつを用意しました
ラスクにつけて試食
両手にラスクを持っているところあたりが、子どもらしくて笑えました
みんなはどれがお気に入りだったかな?

DSC_0255.jpg

ルーマニアのカエルの歌
以前大使館に行ったときに教えてもらった歌です
個人的にもかわいいと思っているのでお気に入りです
カエルの歌

DSC_0218.jpg

DSC_0258.jpg

ルーマニアにお手紙を送ろう
ルーマニア語でお手紙を書いて、プレゼントの折り紙を添えました
3月中には届けられるようにします
お友だちの輪が広がっていくといいね

DSC_0171_2020022622163091f.jpg

ルーマニア語に挑戦!
ルーマニア語で自己紹介の練習をしました
オリンピックまでにルーマニアの方と会う可能性は十分あるので
使えるといいね~
私がもし日本に来るルーマニアの選手だったら、びっくりするしうれしくなっちゃう

DSC_0160_20200226221627f30.jpg

パンフルート体験
パンフルートの仕組みや音の出し方のコツをストローを使いながら教えてもらいました
うまく出すために細いストローではなく、タピオカ用のストローを準備しました
音、出せたかな?

DSC_0161_20200226221629ddc.jpg

オリンピックで使われる陸上競技の円盤投体験は
松戸陸上競技協会さんのご厚意で別の形に変わりました
円盤の実物だけでなくやり投げのやり、砲丸などいろいろなものを持ってきてくださって
子どもたちに触れる機会が用意されました
子どもも大人も興味津々でした

DSC_0263.jpg

展示ではルーマニアのスポーツ、オイナのバットとボールや
民族衣装などの展示も
民族衣装はほんとにかわいい
大きい子どもたちは試着もできました
みんな似合ってる~

DSC_0259.jpg

DSC_0260_20200226221640cc4.jpg

そして私の妄想が暴走して出来上がった写真フレームも
ちょこっと苦労はしたけどみんなが楽しんでいたので満足

DSC_0264.jpg

でもこれだけじゃたりない、もっともっとルーマニアを知ってもらうために
プログラムにもI SPY!をつけておきました
みんな見つけられたかな?
最後は松戸の七草マラソンにも参加したことがある東京オリンピック出場決定選手、ボボーチャ選手の缶バッジをプレゼント

自分のブースだけで手いっぱいになっていて、他のブースをもっと見たかったところですが
それぞれのブースに頼れるスタッフ、ボランティアさんがいてくださるのは心強かったです
帰ってから写真を見てみんなの楽しそうな顔を見て、思わずニヤニヤ
行きたい国がまた増えちゃいました
参加してくれたみんなが少しでもルーマニアを身近に感じることができていたら大成功です
今回初めて、いろんな団体さん協賛、後援をいただきましたが、
たーーーーーくさん学べました
そしてたくさんの出会い
イベント後もとてもうれしい言葉をたくさんかけていただけて、ありがたい限りです
今回の出会いが今回だけで終わらず、まだまだ続く予感なのでこれからも楽しみです
皆さんも楽しみにしておいてくださいね
私の妄想はまだまだ広がっているので、企みも底をつきそうにないです

コロナウイルスは心配ですがオリンピックが無事開催されますように
そしてみんなでルーマニアを応援しよう

Hai Romania!
(がんばれ、ルーマニア!)
スポンサーサイト



2月のイベントをルーマニア体験にしようと考えていたのは12月後半
松戸市がオリンピックでルーマニアのホストタウンになったので、
決まった時には大使館にも訪問しました
でも、希望人数が増えてきているので再訪問は難しい…
なら、松戸でしてルーマニアの方に来てもらおう(単純
さて、どうしよう…
市の文化大使は都合が悪く来られないといわれ、
ヨーロッパ系の友だちに声をかけるもうまくいかず…
ということでいつものダメ元
ルーマニア大使館にメール(単純すぎる
2年前に訪問していたので、調子のりました
大使館からのヘルプ、もしくはよいアイディアがないかという依頼
ものすごく都合のいい内容
うん、言った者勝ちでした
松戸を中心に活動しているというとっても素敵な協会が!

日本ルーマニアスポーツ文化交流協会

この時点で私の中で、これで一安心
素敵なイベントになるはず
いつもの2回ではなく、1回でお願いしよう…
と考えていました

1月某日、協会の方と内容を決めるためにミーティングをしました
そして聞いていると何かもったいない気がしてきました
ルーマニア、なんて楽しい国!
一人勝手にルーマニアへの妄想が…(笑)
1回のイベントだと30人規模
いやいやいや、
もっと多くの子どもたちにこの素敵な国について知ってもらいたい!
ということで、その場で予定変更(やっぱり単純
会場を変更できたということもあり、定員数を大幅にアップ、120人
英語イベントではなく、外部の子どももたくさん来られるように日本語で行うことを決定
内容の希望をその場で思い浮かんだ分も含めポンポンポンポン伝えてきました
言ったもの勝ち精神(笑)

帰宅してからゆっくりと構想を練り直し
前半はみんなで、後半はワークショップの2時間仕立て
民族楽器のパンフルート体験あり、オリンピッククイズあり、
クラフトあり、お手紙コーナーあり…
盛りだくさんの内容になりそうです

そして、参加者を集めるべく、小学校、幼稚園、保育園などにもポスターを張りたい
でも基本、教室が営利団体なので貼らしてもらえるはずもないので対策を…
まずはまたまたルーマニア大使館に
後援になって!お願い!
(相変わらず厚かましい、そしてダメ元&言ったもの勝ち精神)
あっさりOKもらえました
そのあと友人の助言もあり、松戸市のオリンピック・パラリンピック推進課、教育委員会、国際交流協会にも依頼
ただこの時点で1か月切っていたので通常かかる1週間~2週間なんて待っていられない
(今回はぎりちょん人間が発揮されたんじゃなくて急遽、予定を変更したからぎりぎりになっただけですよ
ということで、またまた言った者勝ち精神(笑)
「来週の月曜までに何とか、お願いします!」(この日は水曜日)
各部署
でも、そのうち2か所は翌日、承認ゲット
やっる~
そして、全後援の承認が下り、ポスターが完成
日本ルーマニアパンフルート協会、松戸市陸上競技協会も後援に加わってくださいました
そしてそのポスターがこちら

ポスター完成版修正

早速、市役所、市民センター、小学校、幼稚園、保育園等に掲示依頼をし始めました
小学校、幼稚園、保育園は私が自転車で回っているので時間かかりそうです
でも、後援に市と教育委員会が入っているということもあって、基本断られることはなく順調に配れています
後援すごーい!
小学校は特に5、6年生にぜひ紹介したいと先生たちも高い関心を持ってくださっています
(ぜひ1~4年生たちにも紹介してくださいねー笑)
そんな感じで盛り上がっていますが、内心は焦りまくっています
こんなにいっぱいサポートしてくださる人たちがいるのに、主催がうちでいいのか??
当日は市のオリンピック・パラリンピック推進課の方々も来場してくださる予定
この規模、協賛・後援付きイベント、初めてのことだらけで…
たまに頭が追い付かない(笑)

と言いつつ、オリンピックまでにドミニカ共和国と姉妹都市があるオーストラリアについても
同様のイベントをしたいと企んでいます
なので、このルーマニア体験はぜひとも成功させたい
みなさんのぜひお越しくださいね!
そして、宣伝もお願いします(切実
2020年!
小学校の英語授業が必須になる年
そして何たってオリンピックイヤー
たくさんの人に出会えそうな予感であふれている年
そんな1年の最初のイベントは毎年恒例インタビュー@浅草
今年も行ってきました、浅草
今年もたくさんの出会いがあり、そしてたくさん笑わせてもらいました

毎年準備するインタビュー後のプレゼント
今年も子どもたちの家族の協力と、友だちの協力を得てババーンと200+α名分準備しました
ありがとうございますっ!

DSC_0001_202001150640362a2.jpg

浅草について早速、質問の練習
時間もないので…
リーダーたちがグループの子たちを自主的にフォローできるように
もう、本当に簡単にさくっと終わらせました
ほら、みんな練習より実践派でしょ?

DSC_0004_20200115064037786.jpg

はい、グループに分かれてスタート
午前中は6グループ、午後は数名抜けるので5グループでがんばります

IMG_1965.jpg

ほらね、リーダーがみんな引っ張ってくれてるでしょ?
やっぱり子どもは子どもから学ぶのが一番だよ!

DSC_0040.jpg

みんないい顔してる

DSC_0030_2020011506404055a.jpg

アルゼンチンの緑茶紹介してもらました
この後、道端(交番前)で座談会がスタートしました

DSC_0018.jpg

みんな一生懸命対応してくださるから、本当にありがたい

お弁当を食べた後、午後からは浅草寺に場所を移してインタビューをしました

DSC_0056_2020011506404374e.jpg

お友だちもできるかな?子どもたちもたくさん手伝ってくれました

DSC_0066.jpg

お互い全部は理解してないだろうけど心で会話するってこういうことなんだろうな~
たくさんのお話できてよかったね

合計2時間半がんばった結果、子どもたちはお家に帰ってからもノンストップで状況報告
「運動会より楽しかった~」なんてコメントもあったそうな(笑)
今回は未就園児が3名いて、初参加、外部生という子も11名いただけに
いろいろ心配はありましたが、みんな問題なく楽しめて良かったです
たくさんの方の協力を得てできるこのイベント
関わってくださった皆さんに感謝です!


もう、毎年恒例になりつつある…いや、なってる大晦日にクリスマスのブログ…
はい、先週無事に今年最後のイベント終わりました
毎年たくさんの子どもたちが参加してくれるクリスマスパーティー
今回もたくさんの子どもに出会えてうれしかったです

今年も去年に引き続き、「もらう」ではなく「与える」というクリスマス精神を行動に移すべく
みんなでプレゼント作りをしました
ただ、去年自分で持って帰れないの?という声をいただいていたので
今年は、その場でプレゼント交換するのではなく、自分の好きな人にあげるようにしました
家族、お友だち、お世話になっている方…
だれでもOK
だれか大切な人に日ごろの感謝と大好きをたくさん詰めてプレゼントできたらOK

今回は4つのプレゼントを準備
クリスマスにちなんだレジンのチャーム
絵付けをしたキャンドル
オーナメントボールを使った飾り
デコレーションした立体フレーム
どれもかわいいし、均等に分かれるかと思いきや!
午前も午後もキャンドルは不発でした
ちょっと意外、ほら、かわいいのに
我が家のチビちゃんと、保護者の方の作品

DSC_0139_2019123122400610a.jpg

レジンのチャームは雪だるま、ツリー、雪の結晶、トナカイから2個ずつ作りました
そこの付いていないチャームなのでみんなあとでこぼれ出たレジンを削るという(笑)

DSC_0340_2019123122474512b.jpg

DSC_0135_201912312243144e6.jpg

立体フレームは表面のところにイラストを描いて内側を冬っぽくデコレーション

DSC_0130_20191231225531be3.jpg

オーナメントボールは背景などをつけてから雪に見立てた発泡スチロールやスパンコールを入れてみました

DSC_0341.jpg

DSC_0122.jpg

どれもかわいい

今回は午前中小学生中心、午後は幼稚園児中心でした
なのでゲームなどのパートは時間帯によってちょっと差がありました
ストーリータイムやゲーム、クリスマスソングなど
どちらもみんなよく口を動かしてくれていました

DSC_0146_20191231225534cf5.jpg

DSC_0375.jpg

DSC_0374.jpg

DSC_0392_20191231230929203.jpg

もちろんケーキのデコレーションもしました
今年はひとり一切れ、食べ切れるサイズ&感染症予防

DSC_0160_20191231231125cbe.jpg

そんなこんなの盛りだくさんのイベントは楽しく終了
午前の部でジュースを用意して紙コップ忘れたなんてこともありましたが
最後までヤエコらしいイベントでした

今年も一年たくさんの出会いに感謝します
来年もキラキラ笑顔の子どもたちに出会えるのを楽しみにしています
皆さま、良いお年をお迎えください

今年も一番大きなイベントが終わりました
年1度の子どもも講師陣も家族も大変な発表会
今年のテーマは

The New Beginning, Our New World

新しい世界に飛び出そう
と、子どもたちの成長と飛躍への応援&期待を込めて取り組んできました
誕生から羽ばたきまでのイメージを持ちつつ
困難に立ち向かうこと、冒険心を持つこと、1人じゃないよということなど
様々なメッセージを届けるべくがんばりました

そして今年の発表会は例年と違うところもいくつか
・例年より1ヶ月前倒しでしたストーリー決め
・子どもたちからの招待状
・保護者による衣装替えや荷物運搬などのヘルプ

なんで今までそうしてこなかったのか?と思うくらい負担が減りました
時間に追われていることには変わりないので、まだまだ改善点はありますが
シナリオと音源作りも、外部のお友だちの参加も、本番の人手不足も
今まで頭を悩ませていたことの大半が改善されました
協力してくれた子どもたち、サポートを引きうけてくださったご家族の方々に感謝

当日リハーサルを経ての本番
自信がある子ども、ちょっと不安な子ども、緊張気味の子ども、初めて参加する子ども…
みんな置かれている立場は違うけれど本番スタートです
ちなみに私はいつも通り子どもたちより頭が真っ白になってました

オープニング

オープニングのHello to All the Children of the World
何年か前にも使った曲ですがかわいくてわたしのお気に入り
かわいいついでに全員に民族衣装を着せてみました
かわいさ倍増で一人悶えてました

3匹の子ブタ

3匹の子ブタ
子ブタはペアを組ませたので正確には3組の子ブタ
窓からのぞく子ブタたちがお気に入り

幸せへの扉

オリジナルストーリーThe Door to Happiness
幸せを見つけに行こう!まさか本番で扉が壊れるとは
練習はギリギリまで不安な部分があったけど、最終的には、あの不安はなんだったの?と思うくらい上手にできました

リーディング

リーディング、ウォルト・ディズニー
せっかくなのでということでママがミニーちゃんの衣装を用意してくださいました
かわいい

オズの魔法使い

オズの魔法使い
最後の魔女との戦い場面、空飛ぶサルの演出に悩みぬいた揚句、そこはカット
魔女はくすぐりの刑にあって笑い死ぬというオチ
黄色い道の上でスキップをするので滑らないように滑り止めをつける作業(おもにN先生と友人が)というのが全ての作業で一番の大仕事だったかも

This Little Light of Mine

This Little Light of Mine 自分の持っている小さな光を輝かせよう、そしたら世界が輝く!という内容の曲で間奏で子どもたちが考えた光の輝かせ方、輝ける場所を言いましたが、声が聞き取れなかったかな
コメントの後に光を輝かせるため、グロースティックで演出してみました

白雪姫

白雪姫
初めての発表会という子が一番多くいた演目、10人中6人!
練習は本当に四苦八苦してましたが、みんなの成長をよく感じることができました

ピニャータ

ピニャータ
毎年気合入れて作りすぎて、硬すぎて割れないピニャータ
なので、弱めに作ったら、あっさり割れちゃいました
たたけなかった子どもも多くてブーイングものでした
ご、ごめん…
未就学児にはちょうど良かったので、来年は2個用意しよう
それでもやっぱりお菓子にはピラニアのごとく飛びつく子どもた
あ、ピニャータがターキーだったので、昔作ったターキーの帽子がちょうど2個あったのでゲーム進行役の2人にかぶせてみました

ウォンバットシチュー

オーストラリアにホームステイに行った子どもたちによる影絵、ウォンバット・シチュー
ディンゴに捕まってシチューにされそうなウォンバットを助けるためにいろんな動物が奮闘
オーストラリアの動物がたくさん出てくる絵本をアレンジしたストーリー
オーストラリアでお世話になったSちゃんが、私のためにアレンジしてくれたけど
そのあとパソコンも盗難にあったので書き直しまでしてくれたもの
静かな演目でしたが予想以上に好評でした

お手紙

サプライズのお手紙
書くのも練習も教室でのみ、家族にも当日まで内緒
練習時間が短かったもののみんなよくがんばった
微笑ましい時間になりました

アラジン

アラジン
他のクラスもアラジンしたかったと言っていたのでみんなのためにも、気合を入れたミュージカル
衣装いったい何着あるの?というくらい衣装替えが多い
笑いも、見せ場もたっぷり入れてみました
言葉を変えればやりたい放題
子どもたちも、見ている子どもたちも盛り上がったのはやっぱり、コインが飛んできて、紙吹雪が飛んでくるPrince Aliの曲でした
そして見ている子どもたちの期待にこたえて、本番中に「ラストでもう一回紙吹雪!」と演出を追加しました(笑)

エンディング

ラストは翼をください
キーが高くて苦労した男の子たち
みんなの顔を見せるのにママたちのアドバイスはとても有効でした
みんな大空に、未来にはばたけ!

他にも演目はありましたが、どれも子どもたちが楽しんでくれていて良かったです
ただ1時間も時間が押してしまったのは、本当に申し訳なかった
会場が使えて何よりでした

反省も喜びもたくさんあった発表会
全ての人にお疲れ様そしてありがとうという言葉しかないです
子どもたちのことを本当に誇りに思います
反省点はみなさんの意見を参考に改善していきたいと思います