FC2ブログ

英語以上のものを学ぶ英語・英会話教室 Sunflower Kids 松戸・柏・三郷

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雨女から雪女に変身したわたし…
イベントの日に雪ふらしちゃいました
おかげで楽しみにしていたのにキャンセルしなければならない子どもたちもチラホラ…
ごめんなさい
そしてそんな中、来てくれた子どもたち、ありがとう
今回は部屋の定員の関係上、
定員数を減らし1日3回イベントしました

今年はトリフ(ピーナッツバター、生チョコ、スモアー)、チョコレートクランチ
そしてチョコレートが苦手な子どもたちもいるのでクランベリー&レーズンのスコーン

02.jpg

4.jpg

グループに分かれて作り始め、
自分たちの分が終わったら他のところを手伝う
トリフを丸めるのを手伝い、デコレーションを手伝い…
いつものお互いを助け合う風景
ひとりの愛だけでなくみんなの愛が詰まったチョコレートがたくさん

カード作りでも同じような光景をたくさん目にすることができました
今年のカードは毛糸を使ったもの
赤い糸のイメージで大きくLoveと書き、裏に♡のデザイン
リボン結びが難しかったり、筆記体をなぞるのが難しかったりと
苦労している子も手伝ってくれる人がいるので落ち着いた表情でできました

バレンタインカード

朝の部では時間が押してしまいできませんでしたが、
今回のゲーム、みんなにとってちょうどいいレベルだったのかみんな大盛り上がり
基本的な第3文型を使った文を作り、そこに言葉を加えていくというもの
色、数、大きさ、場所を加えることで8単語(冠詞含まず)の文になります
みんなこの言葉を使おう!と考えどんどん手を挙げてくれました
そして英語を学んでいない子どもたちも含め、
子どもたちだけで文を言うこともできました
A cupid gives five big pink presents in a balloon.
絵にするととっても違和感ありあり
でも子どもたちにはとってもウケのいい絵らしいです
わたしもこういう、つっこみどころたくさんの文、大好きです

10.jpg

あっという間の2時間
最後はみんな口周りチョコだらけになって終了
おいしい、楽しい時間でした

チョコチョコチョコ
スポンサーサイト
クケリ、ローズと聞いて「今日はこれについてのことだ!」
とわかる人はかなりの異文化知識を備えているのでは?
はい、今日はブルガリアのお話です
日本人にブルガリアのイメージを聞くと

ヨーグルト

と答える人がほとんどではないでしょうか?
そんなことを言うわたしも数年前までそんな一人でした
ブルガリア出身の友だちができてからわたしのブルガリアに対するイメージは
だいぶ変わりました
そして今は行きたい国TOP10入りするぐらい勝手にブルガリアファン

map_zoom_bulgaria.jpg

そんなブルガリアを体験するために先日ブルガリア大使館に行ってきました
今回は日本南東欧経済交流協会・ブルガリア観光センターさん主催の
ブルガリア冬セミナーに参加しました
ブルガリア大使館では定期的にブルガリア刺繍などセミナーをされています
有料ですがとても充実した内容かな~と勝手に思っています
今回は30名くらいのイベントでしたが、
三部構成でどの部も楽しくブルガリアを体験できました

最初の部では冒頭に出てきたクケリを作りました
羊毛フェルトでできたクケリをアレンジしていくという趣旨です
クケリというのは日本で言うなまはげのようなものらしいです
が、正直なところなまはげより楽しそうというのがわたしの印象です

クケリ説明
クケリ動画

IMG_6296.jpg

白いクケリにこんな感じでサクサク羊毛フェルトをつけていきます
みんな思い思いにかわいく仕上げていました
こちらはわたしと娘二人が作った作品
もうクケリぽくない?(笑)

IMG_6298.jpg

第二部ではブルガリアの方によるブルガリアの説明がありました
クリスマスや食べ物、観光名所の話がたっぷり聴けました
前から興味があったローズ祭りや春をお祝いするマルテニッツァだけでなく、
クケリが見れる冬…行くのはいつがベスト??迷っちゃいます

そして第三部ではお待ちかねローズ試食
ジャム、ハチミツ、ワイン、紅茶、ソーダ、チョコレートなど様々なローズ製品
わたしはワイン、紅茶以外をいただきました
ジュースやチョコレートには花びらまで入っていてびっくり
どれも後味にふわっとバラの香りが口の中に広がりました

IMG_6300.jpg

やっぱりブルガリア最高ということで帰りはちゃっかり、
「今度一緒に子ども向けのイベント企画させてください
と売り込んできました
近いうちに企画できるといいなぁ

おまけ、ブルガリア民族衣装
IMG_6305.jpg



今年もみんな元気に浅草にインタビューに行ってきました
恒例になったこの年始イベントですが
初めて参加する子、初めてリーダーを任される子など
まだまだ初めてづくしのイベントです
毎年、インタビューを受けてくださる方にちょっとしたプレゼントとして
くす玉を作っていくのですが
いくつものグループのインタビューを繰り返し受けてくださる方のために
プレゼントの種類を増やしました
12月中に保護者の助けを得て
パーツを作り、それを組み立てていく方法で10種類のプレゼント
の予定が、何回数えても9種類にしかならない
数間違えた…
できあがり、かわいいから許して…

プレゼント

当日は14℃というとってもあったかなポカポカ陽気
浅草について、まずはインタビューの練習
そして3人1グループに分かれ、
駅周辺で午前のインタビュー
お昼ご飯
浅草寺に移動して午後のインタビュー
という予定

みんな最初はドキドキが大きくて
なかなか、訪日客をつかまえられないグループも
それでも、数をこなすうちに慣れ
ガンガンでつかまえる子どもたち
毎回見る光景だけど、大好きです(笑)

たくさんの方が子どもたちと目線を合わせるために、当たり前のようにしゃがんでくださる
子どもたちも今回はみんなしっかり相手の目を見て話すだけでなく、
返答を聞いている間も、しっかりと目を見ていたな~という印象

インタビュー3

インタビュー4

そして宗教や人種、性別、国籍関係なく、話しかけていける子どもたち
とってもすてきだなと思います

インタビュー1

インタビュー2

まだ返答に対して一声返すのは難しいけれども
snow, ski という言葉に反応して
スキーを滑るまねをする子どももいて
インタビューを受けてくださった方もニコニコ

そしてわたしが日本語で子どもたちに
うまくいっているか聞いたときも
子どもたちから
Yeah…
over there…
と英単語で返ってきて
お!とうれしくなりました
そして子どもたち自身もびっくり
英語が自然にあふれ出てくるということを
実体験して誇らしげでした

このインタビュー、他のイベントよりも、
サバイバル感があるので最初は
「止まってもらえなかった」「うまく言えない」
と挫折感を感じる子どももいるようですが
しばらくするとみんな、
「自分でできた!」「自分で言えた!」「自分でわかった!」を実感し
自信が持てるようになるようです
帰りにはみんな一回りたくましくなったかな
サバイバル最高(笑)

この日のことをしっかり覚えて、
みんなの1年がキラキラの1年になるといいね



年末に友だち家族と一緒にお出かけしてきました
前日に決まったお出かけでしたが、
年末年始何にも予定を作っていなかったので
子どもたちは大喜び
出かけられるということだけでなく
その家族には10代~20代のお兄ちゃん、お姉ちゃんが5人も
子どもたちはわたしにいっさい来ないこと確定

まずは原宿のハリネズミカフェへ
ハリネズミがだっこできるということで
ずっと子どもたちに連れて行ってとせがまれていたところ
特に最近ハリネズミにはまっている長女からの行きたいアピールが激しくて
でもお値段がちょっと高いので
う~んといまだ連れて行ってあげれていなかったところ
でも今回いい機会なので上2人だけ
友だち家族に託して、わたしとチビちゃんはお金の節約のため
露店でとうもろこし

49008860_1193162807517245_1518848934359859200_n.jpg

11:00オープンにもかかわらず15分前にはけっこうな人数の人が並んでいました
しかもどう見ても訪日客率が高い
ガイドブックとかにも出てるんだろうな~
まさかの行列にびっくりしつつ、
日本のメイド喫茶だけでなく
今はこんな動物と触れ合えるカフェの人気が
海外でも高まってるんだな~と実感しました
カフェから出てくる人たちの表情がゆるみきっているのも納得

その後、お台場のお江戸温泉物語へ
お兄ちゃん、お姉ちゃんのおんぶ、だっこ、肩ぐるますべてを制覇しながら
子どもたちはニコニコで到着
きっとみんなはクタクタ

IMG_6049.jpg

温泉に入るのも
足湯には抵抗ないけど、温泉は…
温泉!
と完全に家族の中でも意見が分かれてました
温泉にもたくさんの訪日客が来ていましたが、
きっと、多くの「訪日客あるある」なんだろうな

IMG_6057.jpg

たっぷり一緒に遊んでその後お台場でバイバイ
子どもたちは大満足のようで
その後乗った電車で立ちながら寝落ちする子どもたち
帰りはわたしにとって悲劇でした

明けましておめでとうございます

旧年はイベントや短期コースにも多くのお友だちが
参加してくれたおかげでたくさんの出会いがあり、
とてもすてきな1年になりました
本年もSunflower Kidsをよろしくお願いいたします


昨日は例年通り0:00までにブログ、ホームページ等の
更新をすませてるぞ
と意気込んでいたのですが、あまりにも眠すぎて…
あきらめて年越し前に寝ちゃいました
なので、新年は子どもたちが起きる前に仕事を終わらせるべく
早く起きて仕事でスタートです
なのにもうすでにこんな時間
クリスマスが終わってから新年まで
あと1週間多くあってくれると助かるんだけどな~

ということで去年のクリスマスレポートです

ハロウィンに引き続き2会場で行いました
今回のテーマはもらうクリスマスではなく与えるクリスマスという
クリスマス精神を学ぶべく、「お友だちにクリスマスプレゼントを作って、あげよう」
最後にプレゼント交換をするために、クラフトに力を入れました
冬のリース(12/22のみ)、ソックススノーマン、
写真フレーム、スノードーム、アイロンビーズを用意
みんな一生懸命に作ったので、自分のを持って帰りたい子どももいたかな
保護者からもそんな声をいただきました
でも、そんな素敵なものだからこそプレゼントへ
自分の大切なものを誰かに与えるときに感じる気持ち
そしてそれを受け取ってくれるお友だちの気持ちを大切に

したいと思います

そしてできた作品がこちら

リース
冬のリース
段ボールに毛糸を巻きつけて冬らしく飾りつけました

ソックススノーマン
愛きょうたっぷりのソックススノーマン
詰め物のペレットをぶちまけたのは、はい、わたしです

写真フレーム
こちらも段ボール作品、写真フレーム
布と型抜きされたフェルトでかわいく仕上げました

スノードーム
ツリーとサンタ/トナカイ/雪だるまとオーナメントと雪が詰まったスノードーム
細かい作業が多かったので小学生向きでしたが、幼稚園生もがんばって作っていました

アイロンビーズ
アイロンビーズ
小さい子にも小学生にも人気のクラフトでした

クラフトの他にも子どもたちが楽しみにしているアクティビティー
スイーツデコ
今年も最終的にジンジャーブレッドハウスが崩壊という悲しいこともありましたが
みんなで大パティシエ大会!のごとく
飾りまくりました

スイーツデコ

みんなが食べている間に、プレゼントをラッピングして
プレゼント交換の準備
2日目はサンタもプレゼントがほしくて飛び入り参加
歌に合わせてプレゼントを回し…
ちびっ子たちのところでは案の定
プレゼントの大渋滞
みんな何がもらえるかワクワクの表情でプレゼントを回していました
そしてオープン!

プレゼント交換

だれ一人としてもらったプレゼントにがっかりする子はいなく
みんな大喜び
だれからのプレゼントかは書いていないので
みんな「だれから」よりも「プレゼント」に対して
素直に喜んでいたようです
そんな笑顔を見て作った子どもたちもにっこり
「与えるプレゼント」の喜びに気づいてもらえたかな?

12/22の会では人数が多くてクラフトで時間が押せ押せになってしまって
できなかったけれど、12/24の会では少し時間を確保できたので
クリスマスソングとゲーム
曲はSanta Claus Is Coming to Town(サンタが街にやってくる)
ゲームはチーム戦でクリスマスアイテム(全10種類)をいくつ集められるかというもの
たくさんの保護者の協力のもと、3分間1分勝負
予定ではそれぞれ、未就学児、小学生用とゲームや歌を割り振っていたのですが
思い切って縦割り
大きい子が小さい子を助けている姿が微笑ましい
読み聞かせもいつものメンバーに加え小3コンビも積極的に
小さい子たちに本を読んでくれているのを見てうれしくなっちゃいました
小4コンビを見て育ってきたのかな~
そんな小4コンビは12/22の会でアシスタントとして大活躍してくれました
単語練習や、クラフトを担当してくれたうえ、
プレゼント詰や、片付けなど裏方作業もたくさん
自己紹介のときも小さな子どもたちを助けてくれて
頼もしい2人でした
本人たちは、クラフトを教えるときにテンパっていたそうですが
良くがんばってくれていたと思います
こういうところ、本当に教室の自慢&誇りです

読み聞かせ

2019年もたくさん楽しいイベントを企画します
お友だちと一緒にぜひ遊びに来てくださいね
みなさまにとってご多幸の多い1年になりますように
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。